仮想通貨取引所

Zaif(ザイフ)手数料や評判は?トークン・Zaif積立を分かりやすく解説【仮想通貨取引所】

更新日:

ザイフ解説

ザイフ(Zaif)は国内仮想通貨取引所の御三家の1つで、「これから仮想通貨やビットコインを買いたい」という方にもとてもおすすめできる取引所です

ザイフ(Zaif)には、マイナス手数料、ザイフトークン、Zaifコイン積立などのユニークでとてもメリットのあるサービスが多いですが、ユニークであるが故にわかりにくいと感じる方も多いと思います。

この記事では手数料、取扱通貨、安全性(セキュリティ)、ザイフトークン、ザイフ積立などの評判や使い方をできる限りわかりやすくまとめました

それではさっそく見て行きましょう!

ザイフ(Zaif)とは?評判は?

ザイフ(Zaif)はデックビューロ株式会社が運営する仮想通貨取引所です。テックビューロ株式会社は、AIの研究や「Mijin」という仮想通貨の技術発展プロジェクトも行なっていて社会貢献性の高い会社です!

取引所としての評判もよく、悪い噂は聞きません。最近新規ユーザー登録が多すぎて、本人確認に時間がかかっているため早めに登録することをおすすめします。

Zaif(ザイフ)の基本情報

Zaif

運営会社 テックビューロ株式会社
住所 大阪府大阪市西区西本町1-4-1オリックス本町ビル4F
設立年月日 2014年6月16日
資本金 8億3013万円
代表取締役 朝山 貴生
加入協会 一般社団法人 日本仮想通貨事業者協会(JCBA)一般社団法人 ブロックチェーン推進協会(BCCC)

ザイフ(Zaif)の取扱通貨一覧

ザイフでは上の5種類の仮想通貨を取扱ってます。

ビットコインやイーサリアムなどの、取引に必須なコインが揃っていることがとても優秀です!

ザイフ(Zaif)の取扱トークン一覧

  • ZAIF:ザイフトークン(ZAIF/ZAIF)
  • CMS:コムサトークン(CMS/COMSA)
  • XCP:カウンターパーティートークン(CounterParty/XCP)
  • BCY:ビットクリスタルトークン(BitCrystals/BCY)
  • SJCX:ストレージトークン(Storj/SJCX)
  • FSCC:フィスココイン(FISCO/FSCC)
  • PEPECASH:ぺぺキャッシュ(PepeCash/PEPECASH)
  • CICC:カイカトークン(CAICA/CICC)
  • NCXC:ネクスコイン(NCXXCoin/NCXC)

ザイフはトークンが購入できる取引所として有名です。ザイフでは9種類のトークンを購入することができます。

仮想通貨と合わせると合計14種類ととても種類が豊富であることがわかりますね!

トークンってなに?仮想通貨と違うの?

トークンってなに?
仮想通貨となにが違うの?

ザイフトークンをわかりやすく説明

トークンは基本的に独自の取引(決済)システムを持ちません。なので、ビットコインやイーサリアムといった他の仮想通貨の取引(決済)システムを借りることで動いています。

仮想通貨とトークンの違いは、

  • 仮想通貨:オリジナルの取引システムがある
  • トークン:仮想通貨の取引システムを借りてる

ということになります。

参考ページ:Protocol Specification | Counterparty

詳しい解説はこちらをご覧ください。

ZAIF(ザイフ)トークンとは?チャートから今後の将来性を読み解く

ザイフ(Zaif)の手数料はマイナス!

ザイフ(Zaif)は手数料が安いことが一番の売りであると私は思っています。

ビットコインを取引すると、-0.05% ~ -0.01%と逆に手数料がもらえてしまいます!アルトコインの手数料はマイナスではありませんが、0% ~ 0.1%と世界的に見ても安いです

頻繁に取引する方は、手数料によって年間10万円以上差がでることもあるため、ザイフ(Zaif)はとてもおすすめできる仮想通貨取引所です。

Zaifコイン積立で堅実に資産を増やす

Zaifコイン積立

仮想通貨は世界に認知されたばかりということもあり、価格変動が激しいことでも有名ですが、

長期的に見ると価値は上がっていく

と言われています。実際に、ビットコインによる決済は世界中で急速に実用化されています。

短期間で取引すると暴落したとき怖い
でも、長期的にみて少しずつ投資したい

そんな方に、Zaifコイン積立をおすすめします。

毎月少しずつ積立することで、価格変動によるリスクを回避することができる上に、将来的に価値があがるビットコインを保管しておくことができます。

マイナス手数料により短期トレードで利益をだしつつ、Zaifコイン積立で堅実に資産を増やしていくといった理想的な資産運用ができます。

実際に自分でビットコインを購入すると、暴落したときに慌てて売ってしまってそのあと高騰してしまうといったことがよくあります。

こうなるとかなりショックですよね、、、

人間の心理的にこれは仕方のないことです。Zaifコイン積立で少しずつ心に余裕をもって投資すれば、こう言った事態を防げると言うところも良いですね!

参考ページ:Zaifコイン積立 - Zaif

ザイフの安全対策は万全

仮想通貨取引所は、自分の資産を預ける場所であるため、信頼できて安全対策に力を入れているところを選ぶ必要があります。

セキュリティの技術には、

  • 二段階認証
  • コールドウォレット
  • マルチ・シグネチャ

といった種類のものがあり、ザイフ(Zaif)はこれら全て導入しています。安全対策は万全であると言えます!

ザイフのアプリや使い方

ザイフ(Zaif)にはスマートフォンアプリがあるため、外出中でも簡単にチャートの確認や取引ができるといったメリットがあります。

アプリもブラウザも基本的な使い方は同じです。

  1. 日本円を入金する
  2. 取引所または販売所(簡単売買)を選ぶ
  3. 欲しい仮想通貨を選択して購入する

の3ステップで購入できます。簡単ですね!

日本円の入金

入金にはいくつか種類があるので、簡単にざっと解説していきます。

  • 銀行振込
  • コンビニ入金
  • ペイジー入金

の3つの方法があります。銀行振込は手数料無料で入金できますが(振込手数料は自己負担)、銀行の営業日時でないと反映されないと言ったデメリットがあります。下のフローチャートにしたがって入金方法を選択しましょう!

flowchart

取引所と販売所(簡単売買)の違いは?

ここの区別がついていないがために、損をしてしまったという方は多いです。簡単に言うと、

取引所:他のユーザーとオークション形式で取引

販売所:ザイフ(Zaif)から、ザイフ(Zaif)の決めた値段で売買

迷ったら取引所で取引きしましょう!理由は安くてお得だからです。

店で定価で購入するよりも、メルカリで買ったほうが安く買えますよね?

ものと違って仮想通貨には中古といった概念がないので、取引所で買うデメリットは基本的にありません。

販売所がお得になる特殊な状況もありますが、ここで説明すると長くなってしまうので詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください

仮想通貨取引所と販売所の違い - おすすめはどっち?

まとめ

以上のことをまとめると、

  • ザイフ(Zaif)は手数料が最安
  • 安全対策にも力を入れている
  • 短期トレードに向いている
  • Zaifコイン積立で安心して堅実な投資もできる

私も実際にザイフ(Zaif)を愛用しており、自信を持っておすすめできる仮想通貨取引所であると断言できます!

登録がお済みでない方はこちらへどうぞ

 

一般的に仮想通貨の取引所は、目的に応じた使い分けや投資の基本であるリスク分散のために複数の取引所を目的に応じて使い分けることが推奨されています

海外の取引所では登録希望者が殺到し、新規登録を停止する取引所が増えてきています。日本でも仮想通貨ブームが起きているのでいつ新規登録が停止になるかわかりません。登録だけでもしておきましょう!

おすすめの取引所についてはこちらの記事でも紹介しています。取引所を決める際に気をつけるポイントなどをわかりやすく解説していますので、よかったらご覧ください!

-仮想通貨取引所

Copyright© CryptoMaster , 2018 All Rights Reserved.