仮想通貨

【2018年長期保有】ネム(XEM)は今が買い時?今後の将来性とお得な買い方・購入方法

更新日:

ネム(NEM/XEM)

巷で話題の仮想通貨ネム(NEM/XEM)

「2018年はネムが熱い!」

「ネムの将来性に賭けて長期保有してる!」

「日本での開発がさかん!」

2018年に大型アップデートを控えており巷で話題のネムですが、ネムってどんなコイン?って思う方も多いでしょう。

  • ネム(NEM/XEM)とは?
  • 今後や将来性、カタパルト大型アップデートについて
  • ネムを購入するのにおすすめな取引所

をわかりやすくざっくりと解説していきます!

ネムとは?ビジネスでの活用が注目されている!

ネムとは?

ネムは2015年5月にビットコインとは全く異なる思想のもとに作られた新しいタイプの仮想通貨です。

将来ビジネスの分野で活躍することが期待されてます。

 

ビットコインとの決定的な違い

ビットコインとネムの違い

ネムはビットコインよりも手数料が安く、消費電力も少ないです。消費電力に関しては100分の1と圧倒的に少ないです。これだけでもすごいと思う方も多いと思いますが、

一番の違いは匿名性を排除しクリーンにしていることと、汎用性が高いということです。

 

ネムのクリーンさ

ネムは匿名性を排除して取引きを100%追えるように設計されています。実際にコインチェックのネム不正流出事件の際も、犯人のIPアドレスを特定することに成功しています。

ビットコインも実は100%取引きを追うことができますが、ネムは最初からクリーンであることをコンセプトに作られているところが違います。

 

ネムの汎用性の高さ

ネムの汎用性

ネムを使うと、ブロックチェーンと呼ばれる技術を様々なことに応用することができます。

ブロックチェーンには『絶対に捏造ができない』といった特徴があり、今後色々な分野での活用が期待されています。

この技術を世界で始めて導入したのがビットコインです。

ビットコインはブロックチェーンを通貨・決済のために使用していますが、ネムを使うと誰でも簡単にブロックチェーンを使ったサービスを作ることができます!

ネムに最初から備わっている機能を使うことで、ブロックチェーンにあまり詳しくなくても低コストで作ることができちゃうんです!

 

ビジネスでの利用

ネムのビジネス利用

手数料が安くて、悪いことができないように匿名性を排除し、さらに低コストでブロックチェーンを使ったサービスを作れるため、ネムはビジネスでの利用が期待されています。

参考サイト:NEM - Distributed Ledger Technology (Blockchain)

 

アポスティーユが注目されている

アポスティーユ

アポスティーユとは、ブロックチェーンの『偽造ができない』という特徴を利用した証明書です。

公式の証明書は公証人役場などで正当性を証明してもらう必要がありますが、それを代わりにネムでやってしまおう!ということです。

公証は費用も時間もかかるので不要なコストを削減できるのではないかと注目されています。

 

NEMber

nembar

日本でネムを普及させようと、ネムで支払いができるバーが2017年12月にオープンしました!

その名も『ネムバー(NEMber)』です。

日本で人気の仮想通貨ということもあり、このようなネム普及活動も盛んに行われています。このようにアクティブなユーザーが多いことは実用化にも影響してくるため、ネムの将来性を考える上でとても大切なことになります。

 

大型アップデート『カタパルト(Catapult)』

カタパルト

ネムはザイフ(Zaif)取引所を運営しているテックビューロ社によって日々アップデートされています。

2018年にはネムを根幹から変える『カタパルト(Catapult)』と呼ばれる超大型のアップデートが行われ、ただでさえ高水準のネムの性能がさらに劇的に上昇する予定です!

仮想通貨 処理速度
ビットコイン 7~14/sec
イーサリアム 15/sec
リップル 1,000~3,000/sec
カタパルト後のネム 3,000~4,000/sec

処理速度に関しては現状トップクラスのリップルよりも速くなる可能性を秘めています!

 

カタパルトはいつ?

今の所2018年夏説が最有力ですが、実はまだ詳細な日程は決まっていません。

COMSAのホワイトペーパーが訂正され、2018年中にはカタパルトが実装されると書かれているため気長に待ちましょう!

参考サイト:Catapult Whitepaper - NEM, COMSAホワイトペーパーがREV.1.1に訂正

 

気になるネムの今後・将来性は?

ネムを使うと誰でもブロックチェーンの『偽造ができない』といった特徴を利用することができるようになるので、ビジネス面での利用が期待されています。

実際にすでに導入している企業もあり、大手銀行や行政でも導入のテストが行われています。

2018年の大型アップデートでさらに性能に磨きがかかるので今後が楽しみです!NEM barができるなどユーザーからも非常に愛されており、コミュニティが非常に活動的であることも将来性が期待できるポイントです。

とはいえ、カタパルト実装時に価格の一時的な上昇はあると思われますが、実用化されるまで1年〜数年はかかると思うのでネムへの投資は基本的に長期的なものになると思います。

  • カタパルト実装時の時に持っていたい!
  • ネムが実用化されるまで長期ホールドしたい!

という方は今のうちに購入してみてはいかがでしょうか?

 

2018年のおすすめ仮想通貨

2018年おすすめの仮想通貨ランキング

現在、仮想通貨はなんと1000種類以上もあります。

それぞれの仮想通貨にはひとつひとつ目的や特徴があって、大企業が研究しているものから実際に実社会で使われているものまで様々です。

2018年に期待できる本当におすすめの仮想通貨ランキングはこちらからどうぞ!

 

ネムの買い方!購入におすすめの取引所

おすすめはZaif(ザイフ)とDMM Bitcoinです。

Zaif(ザイフ)はネムの開発に携わっていることもあり日本でのネム取引量トップということもありZaif(ザイフ)がおすすめです!

ネムでFXをやりたい方はDMM Bitcoinを利用しましょう!

おすすめポイント

マイナス手数料で取引手数料が国内最安

仮想通貨の技術発展など社会貢献もしている

トークンや積立などのサービスが秀逸

ザイフ(Zaif)はマイナス手数料でビットコインの売買をするとお金がもらえてしまう取引所です。あの堀江貴文(ホリエモン)が技術アドバイザーを務めたことでも有名です。

運営会社であるテック・ビューロ株式会社は仮想通貨の技術発展プロジェクトやAIの研究なども行なっており、社会貢献に熱心なことでも知られています。

ZaifトークンやZaifコイン積立などの独自のサービスが使えたり、ネム(XEM)やモナーコイン(MONA)などの日本で人気の仮想通貨を購入できることも魅力の1つです。

口座開設の手順が簡単で最短3分で登録完了します!

マイナス手数料で取引手数料が国内最安

マイナス手数料』によって逆に手数料がもらえてしまうとてもユニークな取引所です。1日に何回も取引する短期トレードに向いています。

頻回に取引をすると手数料が年間10万円以上になることもあります。ザイフ(Zaif)を使えば手数料を劇的に節約することができます!

仮想通貨の技術発展など社会貢献もしている

仮想通貨の技術研究プロジェクトやAIの研究を盛んに行なっています。代表の朝山貴生は『Director of NEM Japan』に就任し日本国内での仮想通貨ネム(NEM/XEM)の責任者でもあります。

このような社会的貢献性が高いところもザイフ(Zaif)の特徴です。

トークンや積立などのサービスが秀逸

ザイフ(Zaif)でしか買えないトークンがあり、積立といった秀逸なサービスがあります

トークンはなんと全部で9種類あります。また、手数料の安さを利用して短期トレードをする傍で、積立により堅実な投資をすることでリスクを分散させることができます。これらのサービスについて詳しく知りたい方は「Zaif(ザイフ)手数料や評判は?トークン・Zaif積立を分かりやすく解説」をご覧ください。

ザイフ(Zaif)は独特な強みが多く、ビットフライヤー(bitFlyer)と両方口座開設して目的に応じて使い分けるのがおすすめです。取引所を複数つかうことで投資の基本であるリスク分散もできるのでおすすめです!

dmmbitcoin

おすすめポイント

証券会社運営のノウハウがある大企業が運営していて安全

リップルが購入できる

土日も含めた24時間サポートで初めての方も安心

DMM.com証券を運営しているDMMグループが運営する仮想通貨取引所です。ローラを広告に起用しており知っている方も多いと思います。蓄積された証券会社運営の技術やノウハウでつくられた、安心して利用できる仮想通貨取引所です。

スマホアプリが使いやすい!充実した24時間サポート!と初心者の方でも使いやすく最短3分で登録完了します!

dmmbitcoin

証券会社を運営していた大企業が運営

DMMグループが運営している取引所です。DMMグループは証券会社の運営も行なっており、インターネットを介した金融事業の技術やノウハウを有しています。そのため安心して利用することができることがポイントです。

取扱仮想通貨の種類が豊富

合計7種類の通貨を購入することができます。特に今後期待されているリップルを購入することができるのは魅力的です。

リップルはアメリカンエキスプレスやJPモルガン、三菱UFJ銀行などの超大企業と提携している期待性抜群の仮想通貨です。

サポートが充実している

DMM Bitcoinは土日含め24時間体制でサポートしてくれます。いつでも相談できるのでとても安心して使うことができます。

またスマートフォンアプリが使いやすいため初心者の方でも簡単に取引を開始できることもおすすめポイントの1つです。

ノウハウのある大企業が運営していることや、24時間体制でサポートしてくれるなど初心者の方でも簡単に使うことができるためとてもおすすめしています!

-仮想通貨

Copyright© CryptoMaster , 2018 All Rights Reserved.