仮想通貨

ライトコイン(Litecoin)の今後・将来性!お得に購入できる取引所を紹介【2018年どうなる?】

更新日:

ライトコイン(Litecoin)

ライトコイン(Litecoin/LTC)は2011年10月に、元Google社員のチャーリー・リーによって作られた仮想通貨です。発行当初と比較し100倍以上に高騰したことでも有名ですね!

ライトコインを利用した「LitePay(ライトペイ)」がVisaと提携したことでも注目を浴びています。

  • 今後の将来性は?
  • ライトコインとは?
  • LitePay(ライトペイ)って何?
  • どこの取引所で購入できるの?

といった疑問にできる限り分かりやすく解説していきます。

 

まずは、ライトコインとは何かを簡単に説明します。

ライトコインとは?

 

ライトコインは、元Google社員のチャーリー・リーによってビットコイン(Bitcoin)の欠点を解消するために作られました。

主にビットコイン(Bitcoin)の

  • 決済スピードが遅い
  • 消費電力が多い

といった欠点を改良しています。

決済スピード

ビットコインは世界で初めて作られた仮想通貨ということもあり、決済スピードが遅いという問題があります。

この問題のことをスケーラビリティ問題といいます。

ライトコインはこのスケーラビリティ問題を改善しビットコインの 4倍の決済スピードを誇ります。

消費電力

ビットコインの決済は世界中の人が協力して行なっており(自分の用意したパソコンで行う)、決済を手伝うことでビットコインを手数料としてもらうことができます。これを『マイニング』といいます。

しかし、ここで1つ問題があります。ビットコインは消費する電力が多すぎるのです。ビットコインよりも消費電力の少ない国が159カ国もあるという事実が、ビットコインの消費電力の多さを物語っています。

ライトコインはビットコインのプログラムを改良することで消費電力の削減を実現しました。

まとめるとライトコインは速くて消費電力が少ない

まとめると、ライトコインはビットコインの決済スピードと消費電力の多さを解決した仮装通貨です。

その他の機能はビットコインとだいたい同じなので、『ビットコインの弟分』と例えられることが多いです!

その他の特徴としては、ビットコインが世の中に2,100万枚存在するのに対し、ライトコインは8,400万枚存在しています。ライトコインの方が4倍多いということになります。

ビットコインやライトコインには、発行上限があります。発行上限がないと、無限につくれてしまうということになるため価値がなくなってしまいます!

 

今後や将来性!2018年はどうなる?

ライトコインの将来性が気になっている方は多いと思います。

一つ言えることは、ライトコインとビットコインの価格差は今後どんどん埋まっていくということです。要するに、ライトコインの価格は今後上がっていくのではないかと予想できます。

ライトコインは銀 / ビットコインは金

ライトコイン

ライトコインの将来性を考えるにはまず、

  • ビットコイン:金
  • ライトコイン:銀

とイメージしてみることわかりやすいです。

金は銀と比べて価値が高く、数が少ないですよね?逆に銀は金と比べて使用用途が多いという特徴があります。

価格 使用用途
ビットコイン(金) 高い 少ない
ライトコイン(銀) 安い 多い

 

ライトコインの価格は上がるか予想

ビットコインとライトコインは金と銀の関係に非常に似ています。

ライトコインのほうが決済のスピードが速く、消費電力も少ないため使い勝手が良いです。ですが、ビットコインの方が価格が高いですよね?

金と銀の歴史を考えるとビットコインとライトコインの将来の予測がしやすいです。

人類の歴史では、銀の使い勝手の良さから金の価格と銀の価格の差がどんどん縮まりました。将来的にライトコインとビットコインの価格が縮まっていくことが予想されます。

ライトコインの有用性がもっと広まればライトコインの価格は上がっていくと考えられます。

*実際にLitePay(ライトペイ)などのサービスが作られておりライトコインの有用性が認められてきています。

 

VISAと提携!LitePay(ライトペイ)ってなに?

LitePay

LitePay(ライトペイ)は、ライトペイ社によって作られたライトコイン(LTC)を使った即時決済アプリです。2018年2月に稼働しました。

VISAと提携したことで、公式のライトコインデビットカードを発行することができます。

LitePay(ライトペイ)とは?

ライトペイ

  • QRコードをスキャンしてライトコインで決済
  • 決済されたライトコインがVisa互換システムによってドルに交換される
  • 取引先の銀行にドルが送金される

といった流れになります。

LitePay(ライトペイ)のメリット

  • 手数料が安い(1%)
  • 仮想通貨の価格変動の影響を受けない
  • VISAが使えるところであればどこでも使用できる
  • 個人情報の提出がいらない

といったメリットがあります。

ライトコインは決済終了したとともにすぐにドルに変換されるため、仮想通貨の価格変動が大きいというデメリットを回避することができます。

また、VISAが使える場所であればどこでも利用可能なのがとても大きなメリットです。

今後LitePay(ライトペイ)を利用する人も増えてくるのではないでしょうか?

 

ライトコイン最大の特徴は利便性が高いこと!

いかがでしたか?

まとめると、ライトコインはビットコインを決済スピードと消費電力の面で改良したものです。

そのため利便性が高く金と銀の歴史を参考にする限り、今後ビットコインとの価格差が縮まっていくでしょう!

要するにライトコインの価格は上がっていくことが予測されます。

 

2018年のおすすめ仮想通貨

2018年おすすめの仮想通貨ランキング

現在、仮想通貨はなんと1000種類以上もあります。

それぞれの仮想通貨にはひとつひとつ目的や特徴があって、大企業が研究しているものから実際に実社会で使われているものまで様々です。

2018年に期待できる本当におすすめの仮想通貨ランキングはこちらからどうぞ!

 

ライトコインがお得に購入できる取引所

ライトコインは国内の取引所で購入できます。

おすすめは、セキュリティ対策に力を入れているビットフライヤー(bitFlyer)です。

おすすめポイント

国内取引量・ユーザー数・資本金No.1

セキュリティレベルが非常に高く安心して利用できる

最大500万円の損失補償がある

ビットフライヤー(bitFlyer)は安心安全の大手取引所です。三菱UFJキャピタル株式会社・三井住友海上キャピタル株式会社・電通デジタルホールディングスなどの大企業から出資を受けています。

初心者の方にも使いやすく最短3分で登録完了します!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

国内取引量・ユーザー数・資本金No.1

3年連続ビットコイン取引量No1、ユーザー数No1、資本金41億円と国内最大手です。ビットコインだけではなく、イーサリアムやライトコインなど計6種類の仮想通貨を購入できることも魅力の1つです!

最大500万円の損失補償がある

ビットコインやイーサリアムが日本円で不正出金された場合、最大500万円の損失補償を受けることができます。

ビットフライヤー(bitFlyer)は初心者の方でも安心して利用できる当サイトおすすめの取引所です!

-仮想通貨

Copyright© CryptoMaster , 2018 All Rights Reserved.