ニュース

コインチェックがネム(NEM)の返金を発表!出金再開か?

投稿日:

コインチェック取引所が2018年1月26日に、不正出金された仮想通貨NEM保有者に日本円で返金することを発表しました。

コインチェック株式会社(代表取締役社長:和田晃一良、以下:当社)が運営する仮想通貨取引所サービス「Coincheck」において発生した仮想通貨NEMの不正送金に伴い、対象となる約26万人のNEMの保有者に対し、以下の通り、補償方針を決定いたしましたので、お知らせいたします。

引用:不正に送金された仮想通貨NEMの保有者に対する補償方針について

総額5億2,300万XEMが不正出金されたこの事件で、NEMの保有者数は26万人にのぼりました。

当時NEMを保有していた全員に日本円でコインチェックウォレットに返金されます。

補償は全て自己資金から行うそうです。

 

いくら返金されるの?

返金されるNEMはザイフ(Zaif)取引所のXEM/JPYを参考にし、コインチェック取引所でNEMの販売停止時からの加重平均の価格で算出されます。

つまり、

88.549円 x NEM保有数

の日本円がコインチェックウォレットに返金されることになります!

 

コインチェック(Coincheck)の今後

コインチェック(Coincheck)は今回の事件の原因究明とセキュリティ体制の強化を行い、今後も仮想通貨取引所の業務を続けていくそうです。

法定通貨で返金をしたのは世界でコインチェック(Coincheck)が初めてです。この返金の判断は素晴らしいと思います。

 

出金再開について

現在、なぜネム(NEM)が不正出金されてしまったのか原因を究明するために、取引所の機能を一時停止しています。

原因究明ができ次第、出金再開となりそうです。

 

ネム(NEM)高騰

この返金のアナウンス後からNEMが現在進行形で高騰していますネム高騰

NEMはもともと、2018年にアップデートを控えていることもあり高騰することが期待されていました。

返金のアナウンスでさらにネム(NEM)の人気が加速することが予想されます。

NEMの開発元であるNEM財団が、今回のハッキングされたNEMの追跡を行っています。

現在の時点で、ハッキングされたネム(NEM)は追跡できているそうです!

NEMについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

ネム(NEM/XEM)の買い方・購入方法!2018年今後の将来性を専門家が考察してみた【仮想通貨】

ネム(NEM)は国内の取引所であるザイフ(Zaif)で購入することができます。

 

NEM取引量No1. ザイフ(Zaif)取引所

おすすめポイント

マイナス手数料で取引手数料が国内最安

仮想通貨の技術発展など社会貢献もしている

トークンや積立などのサービスが秀逸

ザイフ(Zaif)はマイナス手数料でビットコインの売買をするとお金がもらえてしまう取引所です。あの堀江貴文(ホリエモン)が技術アドバイザーを務めたことでも有名です。

運営会社であるテック・ビューロ株式会社は仮想通貨の技術発展プロジェクトやAIの研究なども行なっており、社会貢献に熱心なことでも知られています。

ZaifトークンやZaifコイン積立などの独自のサービスが使えたり、ネム(XEM)やモナーコイン(MONA)などの日本で人気の仮想通貨を購入できることも魅力の1つです。

口座開設の手順が簡単で最短3分で登録完了します!

マイナス手数料で取引手数料が国内最安

マイナス手数料』によって逆に手数料がもらえてしまうとてもユニークな取引所です。1日に何回も取引する短期トレードに向いています。

頻回に取引をすると手数料が年間10万円以上になることもあります。ザイフ(Zaif)を使えば手数料を劇的に節約することができます!

仮想通貨の技術発展など社会貢献もしている

仮想通貨の技術研究プロジェクトやAIの研究を盛んに行なっています。代表の朝山貴生は『Director of NEM Japan』に就任し日本国内での仮想通貨ネム(NEM/XEM)の責任者でもあります。

このような社会的貢献性が高いところもザイフ(Zaif)の特徴です。

トークンや積立などのサービスが秀逸

ザイフ(Zaif)でしか買えないトークンがあり、積立といった秀逸なサービスがあります

トークンはなんと全部で9種類あります。また、手数料の安さを利用して短期トレードをする傍で、積立により堅実な投資をすることでリスクを分散させることができます。これらのサービスについて詳しく知りたい方は「Zaif(ザイフ)手数料や評判は?トークン・Zaif積立を分かりやすく解説」をご覧ください。

ザイフ(Zaif)は独特な強みが多く、ビットフライヤー(bitFlyer)と両方口座開設して目的に応じて使い分けるのがおすすめです。取引所を複数つかうことで投資の基本であるリスク分散もできるのでおすすめです!

 

-ニュース

Copyright© CryptoMaster , 2018 All Rights Reserved.