仮想通貨

仮想通貨やビットコインの始め方!初心者必見の完全マニュアル

更新日:

仮想通貨の始め方

インターネットやテレビで「仮想通貨やビットコインで億単位で大儲けした!」「でも仮想通貨やビットコインは危険だ!」などと衝撃的な話を聞くことが増えました。その影響で、仮想通貨は大儲けできるが危険であるといった極端なイメージが先行しているように思います。この危険なイメージで仮想通貨への投資を迷っている方も多いでしょう。

しかし、仮想通貨やビットコインの仕組みを理解すればその認識が間違っていることがわかります。仮想通貨はちゃんとした知識があれば全く危険なものではありません!

この記事では仮想通貨やビットコインの仕組みを初めての方にもわかりやすく解説し、安全に投資する方法や信頼できるおすすめの仮想通貨取引所を紹介していきます!

このページで仮想通貨を始めるために必要な知識を全てまとめました。わかりやすさを重視したので、特に初心者の方におすすめです!

そもそも仮想通貨やビットコインとは?

ビットコインは数ある仮想通貨の中の1つです。

ビットコイン(BTC)とは、2009年にサトシ・ナカモトによって考案された仮想通貨です。仮想通貨は現在1000種類以上存在しますが、ビットコイン(BTC)は世界で初めての仮想通貨として有名となっています。通貨なので「円」や「ドル」といったお金と同じです。

円は日本で利用されている通貨で、ドルはアメリカなどで利用されている通貨ですよね。

一方、ビットコイン(BTC)はどこかの国で使われているわけではなく、世界中で利用されているお金になります!単位は「BTC」と表記されます。1ドルが日本円でおよそ110円ですが、1 BTCは日本円でおよそ200万円です。(2018年1月現在)

表にするとこんな感じになります。

円(¥) ¥100 = 100円
ドル($) $100 = 約11000円
ビットコイン(BTC) 100BTC = 約2億円

お金とまったく同じだと思いませんか?

そうなんです。実はビットコイン(BTC)は私たちが使っているお金とまったく同じです。

じゃあなぜ仮想通貨と呼ばれているのでしょうか?

ビットコイン(BTC)には円やドルと違って紙幣や硬貨が存在しません。つまり現金がないので仮想通貨と呼ばれています。

上の動画がとても分かりやすいので興味があればご覧ください!(日本語の字幕付き)

円やドルと換金することもできる

日本円をビットコインへ

仮想通貨はお金なのでいつでも「円」や「ドル」に換金することができます。この時に仮想通貨取引所を利用する必要があります。

手数料は多くても0.15%と本当に安いです!銀行で円やドルを両替すると2~3%の手数料がかかるので差は歴然です。

参考:ビットコインとは仮想の通貨Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System

 

仮想通貨やビットコインは危険?仕組みを理解しよう!

2018年1月27日に『コインチェック取引所で580億円分の仮想通貨ネム(NEM)が不正出金される』という事件が起きました。このような話を聞くと仮想通貨やビットコインは危険ではないだろうかと不安に感じてしまうかもしれません

しかし、仮想通貨やビットコインの仕組みを理解すれば『仮想通貨やビットコインそのものに危険性は一切ない』ことがわかります。

ビットコインを例にして、わかりやすく仮想通貨の仕組みを解説していきます!

ビットコインの仕組み

ブロックチェーン

「円」は日本が、「ドル」はアメリカが管理しています。銀行がお金の流通量を調節したり警察が偽札を取り締まることで、これらの通貨はお金としての価値を保っています。それでは、ビットコインはどこが管理しているのでしょうか?

答えは『不正をすることができないシステム』です。

世界中のコンピュータでお互いに不正ができないように監視をしています。このシステムのことを「ブロックチェーン」と呼びます。

特定の組織ではなく、世界中で管理することによってさまざまな問題を解決しています。例えば以下のことはビットコインでは絶対に起きません!

  • ビットコインを不正に発行する
  • 障害が起きてビットコインが消えてしまう
  • ハッキングによってビットコインが盗まれてしまう

この点においてビットコインは世界で一番クリーンなお金と言えるでしょう!

人や組織ではなく、ブロックチェーンという技術を用いた『不正をすることができない完全なシステム』で管理されているのがビットコインをはじめとした仮想通貨の仕組みです。

じゃあどうして消えたことがニュースになってるの?

ビットコインは『不正をすることができない完全なシステム』で管理されているということを説明しましたが、

コインチェックで実際にお金が消えた人がいるけどなぜ?

と矛盾を感じている方も多いと思います。

しかし、この事件は仮想通貨自体がハッキングされたわけではありません!仮想通貨取引所のセキュリティ対策が万全でなかったことが原因です。

 

ウォレットとは?ビットコインアドレスと秘密鍵

ウォレット

ビットコインは、インターネット上の「ウォレット」と呼ばれるお財布で管理されています。ウォレットは、ビットコインアドレス(銀行口座番号のようなもの)と秘密鍵(暗証番号)のセットのことです。ビットコインを引き出すためには秘密鍵と呼ばれる鍵が必要になります。金庫と鍵のようなものと考えるとわかりやすいです!

この秘密鍵が無いとビットコインを引き出すことはできません。また、秘密鍵さえあればビットコインはいつでも引き出すことができます!

このウォレットの仕組みによって仮想通貨はハッキングされないようになっています。しかし、もうお気付きの方もいるかもしれませんが、ウォレット自体が盗まれてしまうとビットコインも盗まれてしまいます。

 

仮想通貨取引所はウォレットを預ける場所

私たちは仮想通貨取引所にウォレットの管理を任せています。そのため、仮想通貨取引所はこのウォレットが盗まれないように対策しなければなりません。

具体的には、以下の3つの仕組みを導入することが推奨されています。

二段階認証

コールドウォレット

マルチシグネチャ

しかしコインチェックが導入していたのは二段階認証のみで、コールドウォレットとマルチシグネチャは導入していませんでした。その理由からか、コインチェックはずっと金融庁の認可がおりていませんでした。

コールドウォレットに関しては、導入していると公言していたにも関わらず実際にしていなかったことで波紋を呼んでいます。コールドウォレットは大切な情報をインターネットのつながっていない場所で管理をする仕組みです。つまり、コールドウォレットに入れておくとハッキングを防ぐことができます。マルチシグネチャはともかく、コールドウォレットさえ導入していれば今回の騒動は抑えられました。

以上のことから、

  • ビットコインや仮想通貨はハッキングすることができないため安全
  • 二段階認証・コールドウォレット・マルチシグネチャを導入していて金融庁の認可を得ている仮想通貨取引所を使えば安全

ということがわかりました。ここまで解説してきたことを理解すれば、今後仮想通貨やビットコインを購入することで困ることはないでしょう!

取引所の詳しい選び方についてはこちらの記事をご覧ください。

 

仮想通貨やビットコインは儲かるの?

仮想通貨やブロックチェーンは「AI」と並んで今後の世界を変える革命的な技術であると言われています。これからどんどん実用化されていくことで仮想通貨の需要が高まり価格が高騰していくでしょう!

ビットコイン高騰

仮想通貨はできたばかりの市場であるため価格が安定していないことは事実です。いきなり高騰するわけではなく、必ず高騰と暴落を繰り返してから最終的に高騰します。最初に市場に出回った時から3,000万倍の価値になったビットコインもそうでした。

大切なことは、暴落した時に自分の投資した仮想通貨を信じて持ち続けることだと思います。しかし、よくわからないものを信じることはできませんよね。

仮想通貨には色々な銘柄・種類がありそれぞれに作られた目的があります。その目的をしっかりと理解し、将来性のある仮想通貨に投資をして、実用化されることを待つことが一番大切です。

 

これだけは知っておきたい仮想通貨の銘柄・種類

仮想通貨は1,000種類以上存在しています。

その中でも有名なものの作られた目的と特徴を紹介します!

通貨名 特徴
BTC
BTC
Bitcoin
ビットコイン
  • 世界共通の新しい形の通貨を実現するために作られた
  • 初めて作られた仮想通貨。匿名で発表された論文がきっかけとなって誕生!
  • 時価総額がダントツの30兆円以上!
  • 決済サービスとしてすで実用化されている
XRP
XRP
Ripple
リップル
  • 国際間の送金をスムーズにするために作られた
  • グーグルを始めとしたシリコンバレーの複数の有名企業が出資
  • JPモルガン、三菱UFJ銀行、アメリカンエクスプレスなどと提携
  • 商用利用されることが決定した
ETH
ETH
Ethereum
イーサリアム
  • ブロックチェーンを汎用化させた革命的な仮想通貨
  • 今の全ての通貨の基盤を作ったと言っても過言ではない
  • 時価総額がビットコインに次いで2位
  • 2018年に大型アップデートが行われる予定で期待大
XEM
XEM
NEM
ネム
  • ビジネスで利用するためにクリーンさを追求して作られた
  • 日本で根強い人気がある
  • 開発やコミュニティが熱心で実用化が期待されている

これ以外にもたくさんの銘柄・種類の仮想通貨があります。もっと知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

 

初心者おすすめの取引所と口座開設方法!いくらから買えるの?

取引所は自分の大切な資産を預ける場所です。

セキュリティ対策に力をいれていて(二段階認証・コールドウォレット・マルチシグネチャ全て導入)、金融庁の認可を得ている取引所を紹介します

ビットフライヤー(bitFlyer)

おすすめポイント

国内取引量・ユーザー数・資本金No.1

セキュリティレベルが非常に高く安心して利用できる

最大500万円の損失補償がある

ビットフライヤー(bitFlyer)は安心安全の大手取引所です。三菱UFJキャピタル株式会社・三井住友海上キャピタル株式会社・電通デジタルホールディングスなどの大企業から出資を受けています。

初心者の方にも使いやすく最短3分で登録完了します!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

国内取引量・ユーザー数・資本金No.1

3年連続ビットコイン取引量No1、ユーザー数No1、資本金41億円と国内最大手です。ビットコインだけではなく、イーサリアムやライトコインなど計6種類の仮想通貨を購入できることも魅力の1つです!

最大500万円の損失補償がある

ビットコインやイーサリアムが日本円で不正出金された場合、最大500万円の損失補償を受けることができます。

ビットフライヤー(bitFlyer)は初心者の方でも安心して利用できる当サイトおすすめの取引所です!

GMOコイン

GMOコイン

おすすめポイント

GMOインターネットグループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かしたセキュリティや管理体制が堅牢

アプリやサイトが非常に使いやすく初心者の方でも迷わず使える

仮想通貨FXトレードができる

リップルを購入できる

ITや金融サービスで有名なGMOインターネットグループ傘下の仮想通貨取引所です。GMOインターネットグループのノウハウを活かし、堅牢なセキュリティと管理体制のもと安心して仮装通貨取引することができます。

ビットコインのFXトレードに力を入れていることでも有名です。

セキュリティや安全性の実績があり、アプリやサイトが見やすくて初心者の方でも迷わず使えます!最短3分で登録完了します!

GMOインターネットグループ傘下でセキュリティが堅牢

GMOインターネットグループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かし、堅牢なセキュリティと管理体制のもと安心して仮想通貨取引できることが最大のおすすめポイントです。

同グループ傘下のGMOクリック証券はFX年間取引高世界1位の実績があり、そのノウハウを活かした安全対策には定評があります。仮想通貨取引所はみなさまの大切な資産を預ける場所なので、必ずセキュリティや安全対策のノウハウを持っている取引所を選びましょう!

アプリやサイトが使いやすい

GMOコインはアプリやサイトが使いやすいことで有名です。計算されたデザインやレイアウトにより直感的に操作することができるため、初心者の方にもおすすめです!

レバレッジ5倍で仮想通貨FXができる

レバレッジ5倍で仮想通貨のFX取引をすることができます。空売りができるため仮想通貨の価格が下がっている時にも利益をだすことができます。

『ビットレ君』というスマートフォンアプリでFX取引ができるので外出中に操作できることもおすすめポイントです!

セキュリティ対策の実績があり非常に使いやすいことから初心者の方も安心して利用することができとてもおすすめの取引所です!

最後に

一般的に仮想通貨の取引所は、目的に応じた使い分けや投資の基本であるリスク分散のために複数の取引所を目的に応じて使い分けることが推奨されています

海外の取引所では登録希望者が殺到し、新規登録を停止する取引所が増えてきています。日本でも仮想通貨ブームが起きているのでいつ新規登録が停止になるかわかりません。登録だけでもしておきましょう!

おすすめの取引所についてはこちらの記事でも紹介しています。取引所を決める際に気をつけるポイントなどをわかりやすく解説していますので、よかったらご覧ください!

口座開設方法!二段階認証は絶対に忘れずに!

口座開設方法で迷ってしまったらこちらをご覧ください!

一番大切なセキュリティ対策である二段階認証の設定方法もこちらの記事で解説しています。

ビットフライヤー(bitFlyer)の口座開設方法

ザイフ(Zaif)の口座開設方法

ビットコインはいくらから買えるの?

取引所によって最低購入金額は異なります。

ビットフライヤー(bitFlyer) 0.001BTC 1200円
ザイフ(Zaif) 0.0001BTC 120円

ザイフ(Zaif)ではジュース1本の値段から買うことができてしまいます。(1BTC = 120万円で計算)

 

仮想通貨やビットコインの始め方まとめ

いかがでしたか?

これで仮想通貨やビットコインを安全に始めるために必要な知識は全てそろいました。

  • 仮想通貨やビットコインは「円」や「ドル」と同じお金である
  • 仮想通貨は政府や銀行ではなく「完全なシステム」により管理されている
  • 仮想通貨を不正に利用したりハッキングすることはできない
  • 盗まれたというニュースは取引所のセキュリティ対策が原因
  • セキュリティ対策には「二段階認証」「コールドウォレット」「マルチシグネチャ」があり、3つとも導入している取引所を選べば安全である

CryptoMaster(クリプトマスター)では今後も仮想通貨の役立つ情報を随時発信していきます!

 

-仮想通貨

Copyright© CryptoMaster , 2018 All Rights Reserved.