仮想通貨

【仮想通貨】モナーコイン(モナコイン)とは?購入可能なおすすめ取引所と今後の将来性【MONA】

更新日:

monacoin

モナーコイン(モナコイン/MONA)が日本で初めてつくられた仮想通貨ということは知っていますか?

そのため日本で根強い人気があり、ビットコインやリップルなどの仮想通貨とは異なる方法で実用化されている仮想通貨です。

そんな話題のモナーコインですが、色々と疑問に思うことがあると思います。

  • そもそもモナーコインとは?
  • 今後の将来性は?
  • どんな使い道があるの?
  • どこの取引所で購入するのがおすすめなの?

この記事ではこれらの疑問を世界一わかりやすく解説していきます!

モナーコインの『半減期』についてもわかりやすく説明していきます

 

モナーコイン(モナコイン/MONA)とは?

モナーコインは2014年1月1日に、日本の巨大掲示板サイト『2ちゃんねる』でMr.Watanabeによってリリースされた仮想通貨です

モナーコインに描かれているキャラクターは、2ちゃんねるで人気の『モナー』です。

   ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ( ´∀`)< オマエモナー
 (    )  \_____
  │  │  │
 (__)__)

モナーコインはライトコイン(Litecoin/LTC)を改造して作られています。そのためビットコインよりも決済スピードが速いといった特徴があります。

公式ホームページ:Monacoin Project

 

 モナーコインとモナコインどっち?

昔はモナーコインと呼ばれていましたが、現在はどちらでも良いです。bitFlyer(ビットフライヤー)ではモナコインと呼ばれています。

この記事では統一せずに両方使っていきます!

 

現在の価格

モナーコインチャート

現在の時点(2018年2月1日)では、1MONAが約600円です。2017年の年末に約1,700円まで高騰していますが今は価格が落ち着いています。

外資の資本投入によって1,700円まで高騰したと言われています。

後ほど説明しますが、モナコインは投げ銭やチップとして使われることが多いので、今の価格はモナコインの使い方に適しているのではないでしょうか?

 

作られた目的

実は、モナーコインには作られた明確な目的はありません。

仮想通貨のブロックチェーンという技術は今後の世界を変えるかもしれないと言われるほど『面白い技術』です。仮想通貨といえば儲かる!といった投機的なイメージが強いですが、技術的にも非常に期待されています。

そのような未来を変えるかもしれない仮想通貨の技術に、みんなが手軽に触れることができたらいいなという思いで作られました。

モナーコインはそんな崇高な思想の元開発されていたんです。

 

使い道

現在モナーコインの最もメジャーな使い道は『投げ銭』や『チップ』です。

主に2ちゃんねるやTwitterで有益な情報をくれた人やいいなと思ったコメントをしてくれた人、絵を描いてくれた人に感謝の意味を込めてモナーコインをチップとして投げることができます。

tipmona

Twitterではtipmonaというサービスを使うことでアカウント登録などせずに簡単にモナーコインの投げ銭をすることができます。「@tipmona tip(ユーザー名)(数量)」をツイートするだけで簡単にできてしまいます。

ビットコインやイーサリアム、リップルなどとは一味違ったユニークな使い方をされています。

その他の使い道

2ちゃんねる発祥ということもあり、イラストや漫画などのデジタルコンテンツやパソコンなどで決済できることが多いです。コミックマーケットでもモナ払いできる店が増えてきています。

モナーコインが使える有名なところを紹介していきます!

 

Monappy

Monappyはモナコインに対応したフリーマーケットサイトです。amazonギフト券からコーヒー豆までなんでもモナコインを使って売り買いすることができます。

記事やイラストなどのデジタルコンテンツの売買もできます。

Monappy

 

Ask Mona

ask mona

Ask Monaはモナコインの投げ銭ができる掲示板サイトです。使い方は2ちゃんねるに非常に似ています。

Ask Mona

 

ark(アーク)

ark(アーク)

ark(アーク)は秋葉原にあるパソコンショップです。パソコンのパーツなどをモナコインやビットコインで購入することができます。

ark(アーク)

 

その他にも、モナコインの神社ができたりと日本独自のモナコイン文化ができつつあります。

 

2018年どうなる?今後の将来性

モナコイン将来性

今後の将来性を考える上で一番大切なのは実用化されるかどうかです。

実用性がなければ言葉通り『仮想の通貨』になってしまいます。モナーコインはすでに実用化されているので非常に将来性が期待できます。

ビットコインなどとは違った、モナーコインでしかできない使い道があることは本当に素晴らしいです。

「モナーコインが好きだからもっとモナーコインを広めたい」とコミュニティが活発的なこともモナーコインの魅力です。コミュニティーが主導で使い方を開拓していくのでこれからもどんどんモナーコインは広まっていくでしょう。

今後もモナコインは、日本の文化にマッチした使われ方をされていくことが予想されるので将来性は十分にあると思います!

 

半減期ってなに?いつくるの?

マイニング(採掘)という言葉をきいたことありますか?モナコインを誰かに投げ銭したとき決済が行われます。コンピューターを使ってこの決済の記録を残すことを手伝うと、報酬としてモナコインをもらうことができます。これをマイニング(採掘)とよびます。

モナコインを含めた多くの仮想通貨では、マイニングでもらえる報酬が減っていってしまうんです。半減期はインフレを防止するための金融政策で、モナコインが作られた時からあらかじめプログラムされています。

半減期 半減期の時期 マイニング報酬
1回目 2017年7月16日 25 MONA
2回目 2020年7月頃 12.5 MONA
3回目 2023年7月頃 6.25 MONA
4回目 2026年7月頃 3.125 MONA






半減期の直前は価格が高騰する傾向にあるということを覚えておくと今後役にたつかもしれません!

 

まとめ

いかがでしたか?まとめると、

モナーコインは日本で初めて作られた仮想通貨

仮想通貨の技術の面白さを広めるために作られた

投げ銭やチップなど、他の仮想通貨とは異なる独特な使われ方をしている

モナーコインを応援している人が多い

実用化していることとユニークであることから今後の将来性が期待できる

となります!

 

モナコインの買い方!購入するのにおすすめの取引所

モナコインは国内の取引所で購入することができます。

おすすめは、ビットフライヤー(bitFlyer)ザイフ(Zaif)です。

タイミングによってモナコインをお得に購入できる取引所が違うことや、投資の基本であるリスク分散のために両方とも登録しておくことをおすすめします。購入したいときに安い方で購入するとお得です。

ビットフライヤー(bitFlyer)

おすすめポイント

国内取引量・ユーザー数・資本金No.1

セキュリティレベルが非常に高く安心して利用できる

最大500万円の損失補償がある

ビットフライヤー(bitFlyer)は安心安全の大手取引所です。三菱UFJキャピタル株式会社・三井住友海上キャピタル株式会社・電通デジタルホールディングスなどの大企業から出資を受けています。

初心者の方にも使いやすく最短3分で登録完了します!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

国内取引量・ユーザー数・資本金No.1

3年連続ビットコイン取引量No1、ユーザー数No1、資本金41億円と国内最大手です。ビットコインだけではなく、イーサリアムやライトコインなど計6種類の仮想通貨を購入できることも魅力の1つです!

最大500万円の損失補償がある

ビットコインやイーサリアムが日本円で不正出金された場合、最大500万円の損失補償を受けることができます。

ビットフライヤー(bitFlyer)は初心者の方でも安心して利用できる当サイトおすすめの取引所です!

ザイフ(Zaif)

おすすめポイント

マイナス手数料で取引手数料が国内最安

仮想通貨の技術発展など社会貢献もしている

トークンや積立などのサービスが秀逸

ザイフ(Zaif)はマイナス手数料でビットコインの売買をするとお金がもらえてしまう取引所です。あの堀江貴文(ホリエモン)が技術アドバイザーを務めたことでも有名です。

運営会社であるテック・ビューロ株式会社は仮想通貨の技術発展プロジェクトやAIの研究なども行なっており、社会貢献に熱心なことでも知られています。

ZaifトークンやZaifコイン積立などの独自のサービスが使えたり、ネム(XEM)やモナーコイン(MONA)などの日本で人気の仮想通貨を購入できることも魅力の1つです。

口座開設の手順が簡単で最短3分で登録完了します!

マイナス手数料で取引手数料が国内最安

マイナス手数料』によって逆に手数料がもらえてしまうとてもユニークな取引所です。1日に何回も取引する短期トレードに向いています。

頻回に取引をすると手数料が年間10万円以上になることもあります。ザイフ(Zaif)を使えば手数料を劇的に節約することができます!

仮想通貨の技術発展など社会貢献もしている

仮想通貨の技術研究プロジェクトやAIの研究を盛んに行なっています。代表の朝山貴生は『Director of NEM Japan』に就任し日本国内での仮想通貨ネム(NEM/XEM)の責任者でもあります。

このような社会的貢献性が高いところもザイフ(Zaif)の特徴です。

トークンや積立などのサービスが秀逸

ザイフ(Zaif)でしか買えないトークンがあり、積立といった秀逸なサービスがあります

トークンはなんと全部で9種類あります。また、手数料の安さを利用して短期トレードをする傍で、積立により堅実な投資をすることでリスクを分散させることができます。これらのサービスについて詳しく知りたい方は「Zaif(ザイフ)手数料や評判は?トークン・Zaif積立を分かりやすく解説」をご覧ください。

ザイフ(Zaif)は独特な強みが多く、ビットフライヤー(bitFlyer)と両方口座開設して目的に応じて使い分けるのがおすすめです。取引所を複数つかうことで投資の基本であるリスク分散もできるのでおすすめです!

最後に

一般的に仮想通貨の取引所は、目的に応じた使い分けや投資の基本であるリスク分散のために複数の取引所を目的に応じて使い分けることが推奨されています

海外の取引所では登録希望者が殺到し、新規登録を停止する取引所が増えてきています。日本でも仮想通貨ブームが起きているのでいつ新規登録が停止になるかわかりません。登録だけでもしておきましょう!

おすすめの取引所についてはこちらの記事でも紹介しています。取引所を決める際に気をつけるポイントなどをわかりやすく解説していますので、よかったらご覧ください!

-仮想通貨

Copyright© CryptoMaster(クリプトマスター) , 2018 All Rights Reserved.