仮想通貨

ビットコインキャッシュ(BCH)とは?チャートから今後の将来を読み解く【2018】

更新日:

bitcoincash

ビットコインキャッシュ(BCH)ってみなさん知ってますか?

ビットコイン(BTC)と名前もほとんど一緒だし、アイコンまでほとんど一緒でややこしいですよね。

似てるのにはちゃんとした理由があります!

  • ビットコインとどう違うの?
  • なんで高騰したの?
  • 将来性は?今後は上がるの?

これらの疑問にわかりやすく答えていきます!

初心者の方でもわかるように難しい言葉を使わずに解説しています。ぜひ参考にしてください!

 

ビットコインからハードフォークして誕生!ビットコインキャッシュ(BCH)とは?

ハードフォークの仕組み

ビットコインキャッシュ(BCH)とは、2017年8月1日にビットコインから分裂して生まれた仮想通貨です。

つまり、もともとはビットコインと同じでした。なので名前にビットコインが入っているんですね!

そもそも、なぜビットコインから分裂したのでしょうか?分裂するとどういうことが起きるのでしょうか?

ビットコインにはいくつかの弱点があるんです。そのビットコインの弱点を解決するためには、ビットコインのプログラムを変更するしかありません。

しかし、中にはこの変更に反対する人もいます。どんなことでも満場一致の意見を得ることって難しいですよね。

こんな時にビットコインのプログラムに変更を加えて、本家とは別に分裂させてしまうのです。このことをハードフォークと呼びます。

変更反対派は今までのビットコインをそのまま利用することができるので幸せです。

変更賛成派もビットコインの弱点を解決したものを利用することができるので幸せになれます。

しかし、世の中にビットコインが2つ存在することはできません。そこでビットコイン(BTC)の弱点を解決した方には新しい別の名前がつけられます。

これによって生まれたのが、ビットコインキャッシュ(BCH)です!

ビットコインキャッシュ(BCH)は、ビットコインと比べて送金が混雑しないように変更されています。

それ以外はビットコインと同じです。その他の仕組みについてはビットコインの記事をご覧ください!

ビットコイン(BTC)とは?チャートと相場から今後の将来性を専門家が考察!

 

ビットコインキャッシュプラス(BCHP)との違いは?

ビットコインキャッシュプラス

ビットコインキャッシュ(BCH)がビットコインから分裂して誕生したことはわかりました。

それではビットコインキャッシュプラス(BCHP)もビットコインキャッシュ(BCH)から分裂したのでしょうか?

答えは違います!ビットコインキャッシュプラス(BCHP)はビットコインから分裂した全く別の仮想通貨です。

ほとんど同じ名前なのでややこしいですよね。実は、ビットコインから分裂した仮想通貨はたくさんあるんです。

例えば、ビットコインゴールド(BTG)やビットコインダイアモンド(BCD)などが挙げられます。それぞれビットコインの問題を独自の方法で解決しています!

 

ビットコインキャッシュ(BCH)はマイニングできるの?

マイニング

ビットコインキャッシュ(BCH)もビットコインと同様にマイニングは可能です!

ビットコインキャッシュ(BCH)は一度に承認できる決済の数がビットコインよりも大きく、マイニングの報酬がビットコインよりも多く貰えます。

しかし1BTCが約100万円なのに対し、1BCHが約13万円と価格に大きな差があります。

なので日本円にするとビットコインよりもマイニングで貰える報酬は少なくなってしまいます!

そのためビットコインキャッシュ(BCH)のマイニングはあまりおすすめできません。

 

ビットコインキャッシュ(BCH)のチャート・相場・価格

 

ビットコインキャッシュ(BCH)は、2017年8月1日に誕生しました。

最初は3万円ほどで取引されていましたが、2017年12月に最大で50万円にまで高騰しています!

現在は13万円前後で取引されています。(2017年1月現在)

引用: Cryptocurrency Market Capitalizations

チャートを見ると今までに3回大きく高騰していることがわかります。それぞれ一気に高騰し、その後緩やかに下がっていますね!

現在はちょうど緩やかに下がっているところなので、今までと同じだとすればこのあと大きく高騰する可能性があります!

 

ビットコインキャッシュ(BCH)の高騰ニュース、まだ上がる?

先ほどのチャートで、ビットコインキャッシュ(BCH)は今までに3回大きく高騰していることがわかりました。

それぞれなぜ高騰したのかを見ていきましょう!

1回目の高騰 ハードフォークの成功

初めて高騰したのはビットコインキャッシュ(BCH)が誕生してから2週間ほど経過した頃です。

それまではビットコインの分裂の前例がなかったため、ハードフォークの成功を疑う人が少なくありませんでした。

しかしハードフォークが成功し、その後も安定して動いていることが確認できたので一気に買いが殺到して高騰しました!

この高騰でビットコインキャッシュ(BCH)の価格は約2倍になりました。

2回目の高騰 ビットコインのアップデート延期

2回目の高騰は2017年11月で、前回の高騰から約3ヶ月後になります。

これはビットコインのアップデートが無期限に延期したことが原因だと言われています!

ビットコインのアップデートの延期を受け、多数のマイナーがビットコインキャッシュ(BCH)に流れました。

この高騰ではビットコインキャッシュ(BCH)の価格が約3倍になりました。

3回目の高騰 アメリカの大手取引所Coinbaseへの上場

3回目の高騰は2017年12月に起こりました。

この高騰はアメリカの大手取引所であるCoinbaseが上場を発表したことが原因です。

これによってビットコインキャッシュ(BCH)は一時期50万円台に突入しました!

仮想通貨は大手の取引所に上場が決定すると価格が高騰します。

これは、大手取引所がその仮想通貨を認めたことで仮想通貨の信頼性が高くなるためです!

 

2018年はどうなる?ビットコインキャッシュ(BCH)は今後と将来を考察

ビットコインキャッシュ(BCH)はビットコインの弱点を改善するために誕生しました。

ビットコインよりも高性能であることから、ビットコインキャッシュ(BCH)の方が将来性が高いと言われています。

ビットコインの有名な情報サイトであるbitcoin.comの最高技術責任者は、所有しているビットコインを全てビットコインキャッシュ(BCH)へ乗り換えています。

参考:Bitcoin.com CTO Denounces Bitcoin: “I’ve Switched to Bitcoin Cash”

このことからもビットコインキャッシュ(BCH)は非常に期待されている仮想通貨であることがわかりますね!

 

まとめ

いかがでしたか?

今回はビットコインキャッシュ(BCH)について解説しました。まとめると、

  • ビットコインキャッシュ(BCH)はビットコインから分裂して誕生した
  • ビットコインの弱点を改善している
  • ビットコインよりも将来性が期待されている

 

2018年のおすすめ仮想通貨

2018年おすすめの仮想通貨ランキング

現在、仮想通貨はなんと1000種類以上もあります。

それぞれの仮想通貨にはひとつひとつ目的や特徴があって、大企業が研究しているものから実際に実社会で使われているものまで様々です。

2018年に期待できる本当におすすめの仮想通貨ランキングはこちらからどうぞ!

 

ビットコインキャッシュ(BCH)が購入できるおすすめ取引所

ビットコインキャッシュ(BCH)は国内の仮想通貨取引所で購入することができます。

ビットフライヤー(bitFlyer)

おすすめポイント

国内取引量・ユーザー数・資本金No.1

セキュリティレベルが非常に高く安心して利用できる

最大500万円の損失補償がある

ビットフライヤー(bitFlyer)は安心安全の大手取引所です。三菱UFJキャピタル株式会社・三井住友海上キャピタル株式会社・電通デジタルホールディングスなどの大企業から出資を受けています。

初心者の方にも使いやすく最短3分で登録完了します!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

国内取引量・ユーザー数・資本金No.1

3年連続ビットコイン取引量No1、ユーザー数No1、資本金41億円と国内最大手です。ビットコインだけではなく、イーサリアムやライトコインなど計6種類の仮想通貨を購入できることも魅力の1つです!

最大500万円の損失補償がある

ビットコインやイーサリアムが日本円で不正出金された場合、最大500万円の損失補償を受けることができます。

ビットフライヤー(bitFlyer)は初心者の方でも安心して利用できる当サイトおすすめの取引所です!

ザイフ(Zaif)

おすすめポイント

マイナス手数料で取引手数料が国内最安

仮想通貨の技術発展など社会貢献もしている

トークンや積立などのサービスが秀逸

ザイフ(Zaif)はマイナス手数料でビットコインの売買をするとお金がもらえてしまう取引所です。あの堀江貴文(ホリエモン)が技術アドバイザーを務めたことでも有名です。

運営会社であるテック・ビューロ株式会社は仮想通貨の技術発展プロジェクトやAIの研究なども行なっており、社会貢献に熱心なことでも知られています。

ZaifトークンやZaifコイン積立などの独自のサービスが使えたり、ネム(XEM)やモナーコイン(MONA)などの日本で人気の仮想通貨を購入できることも魅力の1つです。

口座開設の手順が簡単で最短3分で登録完了します!

マイナス手数料で取引手数料が国内最安

マイナス手数料』によって逆に手数料がもらえてしまうとてもユニークな取引所です。1日に何回も取引する短期トレードに向いています。

頻回に取引をすると手数料が年間10万円以上になることもあります。ザイフ(Zaif)を使えば手数料を劇的に節約することができます!

仮想通貨の技術発展など社会貢献もしている

仮想通貨の技術研究プロジェクトやAIの研究を盛んに行なっています。代表の朝山貴生は『Director of NEM Japan』に就任し日本国内での仮想通貨ネム(NEM/XEM)の責任者でもあります。

このような社会的貢献性が高いところもザイフ(Zaif)の特徴です。

トークンや積立などのサービスが秀逸

ザイフ(Zaif)でしか買えないトークンがあり、積立といった秀逸なサービスがあります

トークンはなんと全部で9種類あります。また、手数料の安さを利用して短期トレードをする傍で、積立により堅実な投資をすることでリスクを分散させることができます。これらのサービスについて詳しく知りたい方は「Zaif(ザイフ)手数料や評判は?トークン・Zaif積立を分かりやすく解説」をご覧ください。

ザイフ(Zaif)は独特な強みが多く、ビットフライヤー(bitFlyer)と両方口座開設して目的に応じて使い分けるのがおすすめです。取引所を複数つかうことで投資の基本であるリスク分散もできるのでおすすめです!

最後に

一般的に仮想通貨の取引所は、目的に応じた使い分けや投資の基本であるリスク分散のために複数の取引所を目的に応じて使い分けることが推奨されています

海外の取引所では登録希望者が殺到し、新規登録を停止する取引所が増えてきています。日本でも仮想通貨ブームが起きているのでいつ新規登録が停止になるかわかりません。登録だけでもしておきましょう!

おすすめの取引所についてはこちらの記事でも紹介しています。取引所を決める際に気をつけるポイントなどをわかりやすく解説していますので、よかったらご覧ください!

 

-仮想通貨

Copyright© CryptoMaster , 2018 All Rights Reserved.