ニュース

ビットコイン暴落 テザー(Tether)の闇に迫る【被害総額2500億円?】

更新日:

テザー(Tether)爆弾

ビットコインが大暴落して70万円台に突入しました。

今は価格が90万円台まで戻ってきてしまいましたが何故このような大暴落が起きたのでしょうか?

その原因は仮想通貨『テザー(Tether)』にあります。

  • コインチェックが原因じゃなかったの?
  • テザー(Tether)ってなに?
  • テザー(Tether)の何が問題だったの?

この記事ではこれらの疑問と一緒に、今回の大暴落騒動をわかりやすく解説していきます!

 

テザー(Tether)とは?

まずは今回の元凶である仮想通貨テザー(Tether)について簡単に説明します。

テザーとは

テザー(Tether)は、法定通貨のドル(USD)と同じ価値を持つ仮想通貨として誕生しました。テザーとドルは1対1で対応しているので、1ドルで1テザーを購入することができます。テザーの発行元は、受け取ったドルを銀行に預けて使わないことを約束しています。そうすることによってテザーと銀行に預けているドルの数が同じであることが保証されるので、1テザーと1ドルを同等の価値として扱うことができるということです。さらに、テザーはいつでもドルと交換することができることが約束されています。

感覚としてはSUICAなどの電子マネーを想像してもらうとわかりやすいと思います!

テザー(Tether)の運営会社は仮想通貨取引所の運営も行なっている

テザー(Tether)は香港に本社を構えるテザー社によって運営されています。テザー社は同時にBitfinex(ビットフィネックス)と呼ばれる仮想通貨取引所の運営も行なっています。

参考: Tether公式サイト

 

テザー(Tether)の闇

1テザー = 1ドル

を約束しているテザー社ですが、

テザーとドルの関係

『流通しているテザーの数』と『テザー社の持っているアメリカドルの数』が同じでないと、『1テザー = 1ドル』を保つことはできません。

そうしないと、世界中のテザー(Tether)を持っている人が同時にドルに交換と思った時にドルが足りなくなり、交換することができなくなくなってしまいます。

しかし、テザー社が勝手にテザー(Tether)のみを発行していた疑惑が浮上しました。

 

テザー(Tether)の疑惑 - 監査を拒否

テザー(Tether)は分散型の仮想通貨ではないのでテザー社が自由に発行することができます。つまり、テザー社はバレないようにテザー(Tether)を発行することで無限にお金を作れてしまいます。

バレないようにテザー(Tether)を発行することで無限にお金を作ることができますが、テザー(Tether)の発行枚数自体は公表されており誰でも見ることができます。

そのためテザー(Tether)が異常に発行されていることや、発行直後にビットコインの価格が上昇するといった法則性が発見されました。

これらのことから『テザー社が不正にテザー(Tether)を発行しているのではないか?』という疑問を持つ人が増えました。

ビットコインの価格が下がってくると新しくテザー(Tether)が発行され、その発行されたテザー(Tether)でビットコインを大量に購入していたようです。

その結果、ビットコインの価格が下がらずにどんどん上がっていくといった現象が頻発していました。現在のビットコインの価格はテザー社が吊り上げたという見方もあります。

数日間で100億円以上のテザー(Tether)が発行されていました。

監査法人フリードマンLLPがテザー社の保有しているアメリカドルの監査に取り掛かりましたが、テザー社がこれを拒否したことでテザー社に対する不信感が強まりました。

 

大手銀行がテザー(Tether)の取引きを中止

台湾銀行やウェルズ・ファーゴなどの大手銀行がテザー(Tether)やBitfinex取引所との取引を中止したこともテザー社に対する疑惑に拍車をかけました。

テザー社自体は不正を否定しているため、真相はまだわかっていません。

テザー社の不正が真実だとしたら不正に発行されたテザー(Tether)の額は約2,500億円にのぼるという意見もあります。

 

まとめと考察

いかがでしたか?

今回のビットコイン暴落とテザー(Tether)の関係性を簡単に説明しました。まとめると、

テザー(Tether)は1テザー = 1ドルを約束してつくられた通貨

テザー社がその約束を破り、勝手にテザー(Tether)のみを大量に発行した疑惑

その疑惑によって仮想通貨が崩壊するといった噂や恐怖からビットコインが暴落した

テザー社の真相はまだ闇の中

考察

不正に発行されたテザー(Tether)の額は約2,500億円になるといいましたが、仮想通貨市場からすると2,500億円は大した額ではありません。

今回の暴落は『仮想通貨が終わるかもしれない』といった恐怖や不安によるものではないでしょうか?

仮想通貨は『ブロックチェーン』の技術面から期待されていると同時に、投機の対象となっていることも事実です。

投機の対象である限り仮想通貨が下がりそうな噂が流れたらすぐ法定通貨に戻して、上がってきたところで再び仮想通貨を購入する方が良いでしょう。

ビットコインチャート

事実、ビットコインは70万円台に突入したものの数時間で100万円付近まで高騰しました!未だにテザー社の疑惑に対しての進展はありません。

 

底値で買うために登録しておこう!国内のおすすめ取引所

いつでも仮想通貨を買えるように準備しておくと、今後もこのような状況で役に立つと思います。

クリプトマスターではセキュリティ対策に力をいれている取引所をおすすめしています!

ビットフライヤー(bitFlyer)

おすすめポイント

国内取引量・ユーザー数・資本金No.1

セキュリティレベルが非常に高く安心して利用できる

最大500万円の損失補償がある

ビットフライヤー(bitFlyer)は安心安全の大手取引所です。三菱UFJキャピタル株式会社・三井住友海上キャピタル株式会社・電通デジタルホールディングスなどの大企業から出資を受けています。

初心者の方にも使いやすく最短3分で登録完了します!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

国内取引量・ユーザー数・資本金No.1

3年連続ビットコイン取引量No1、ユーザー数No1、資本金41億円と国内最大手です。ビットコインだけではなく、イーサリアムやライトコインなど計6種類の仮想通貨を購入できることも魅力の1つです!

最大500万円の損失補償がある

ビットコインやイーサリアムが日本円で不正出金された場合、最大500万円の損失補償を受けることができます。

ビットフライヤー(bitFlyer)は初心者の方でも安心して利用できる当サイトおすすめの取引所です!

ザイフ(Zaif)

おすすめポイント

マイナス手数料で取引手数料が国内最安

仮想通貨の技術発展など社会貢献もしている

トークンや積立などのサービスが秀逸

ザイフ(Zaif)はマイナス手数料でビットコインの売買をするとお金がもらえてしまう取引所です。あの堀江貴文(ホリエモン)が技術アドバイザーを務めたことでも有名です。

運営会社であるテック・ビューロ株式会社は仮想通貨の技術発展プロジェクトやAIの研究なども行なっており、社会貢献に熱心なことでも知られています。

ZaifトークンやZaifコイン積立などの独自のサービスが使えたり、ネム(XEM)やモナーコイン(MONA)などの日本で人気の仮想通貨を購入できることも魅力の1つです。

口座開設の手順が簡単で最短3分で登録完了します!

マイナス手数料で取引手数料が国内最安

マイナス手数料』によって逆に手数料がもらえてしまうとてもユニークな取引所です。1日に何回も取引する短期トレードに向いています。

頻回に取引をすると手数料が年間10万円以上になることもあります。ザイフ(Zaif)を使えば手数料を劇的に節約することができます!

仮想通貨の技術発展など社会貢献もしている

仮想通貨の技術研究プロジェクトやAIの研究を盛んに行なっています。代表の朝山貴生は『Director of NEM Japan』に就任し日本国内での仮想通貨ネム(NEM/XEM)の責任者でもあります。

このような社会的貢献性が高いところもザイフ(Zaif)の特徴です。

トークンや積立などのサービスが秀逸

ザイフ(Zaif)でしか買えないトークンがあり、積立といった秀逸なサービスがあります

トークンはなんと全部で9種類あります。また、手数料の安さを利用して短期トレードをする傍で、積立により堅実な投資をすることでリスクを分散させることができます。これらのサービスについて詳しく知りたい方は「Zaif(ザイフ)手数料や評判は?トークン・Zaif積立を分かりやすく解説」をご覧ください。

ザイフ(Zaif)は独特な強みが多く、ビットフライヤー(bitFlyer)と両方口座開設して目的に応じて使い分けるのがおすすめです。取引所を複数つかうことで投資の基本であるリスク分散もできるのでおすすめです!

最後に

一般的に仮想通貨の取引所は、目的に応じた使い分けや投資の基本であるリスク分散のために複数の取引所を目的に応じて使い分けることが推奨されています

海外の取引所では登録希望者が殺到し、新規登録を停止する取引所が増えてきています。日本でも仮想通貨ブームが起きているのでいつ新規登録が停止になるかわかりません。登録だけでもしておきましょう!

おすすめの取引所についてはこちらの記事でも紹介しています。取引所を決める際に気をつけるポイントなどをわかりやすく解説していますので、よかったらご覧ください!

 

-ニュース

Copyright© CryptoMaster(クリプトマスター) , 2018 All Rights Reserved.