仮想通貨

【リップルの買い方・購入方法】最も安く買える本当におすすめの取引所TOP5を徹底比較

更新日:

リップルが最もお得に購入できる取引所

リップル(Ripple/XRP)は次世代の国際送金サービスとして開発され、2017年に一晩で10倍高騰したことで一躍有名になりました。

日本でも非常に人気の高い仮想通貨ですが、どの取引所で購入するが最もお得でしょうか?

この記事ではリップルを購入できる取引所を徹底的に比較し、お得に購入できるおすすめの取引所を紹介していきます!

 

リップルに投資するなら今?今後の価格予想

実際に投資をする前にリップルについてざっくりと解説していきます!

 

価格の推移と現在のレート

 

リップルは長い間20~30円を推移していましたが、2017年に400円まで高騰しました。現在の価格は100円前後と落ち着いており、投資をするなら今がチャンスであると思います。

 

今後の価格予想

リップルの価格予想

今がチャンスと思うのには理由があります。リップルは最大1XRP 6,000円のポテンシャルを秘めています。

リップルは次世代の国際送金サービスと作られました。銀行は国際送金が苦手なので、リップルを使ってそれを解決しようとしています。

国際送金サービスの市場は1日600兆円と言われています!凄まじい規模です!

リップルは世界に1,000億XRP存在しているためリップルが国際送金の市場の

  • 10%のシェアを取ったら1XRP = 600円(総額60兆円)
  • 50%のシェアを取ったら1XRP = 3,000円(総額300兆円)
  • 全部取ったら1XRP = 6,000円(総額600兆円)

10%のシェアしか取れなかったとしても今の3~6倍です!

 

リップルは国際送金サービスのシェアを奪う可能性が高い!

リップルと提携している銀行一覧

リップルは国際送金サービスのシェアを奪う可能性が高いため注目されています。

すでに三菱UFJ銀行やJPモルガン、アメリカンエクスプレスをはじめとした世界トップクラスの銀行や金融機関と提携を結んでいます。

先日もアラブ首長国連邦で最大の時価総額を誇るアブダビ国立銀行(NBAD)とも提携を結び一歩ずつ実用化に向けて歩み続けています。

 

リップルを購入するなら長期ホールドがおすすめ!

リップルの投資は長期ホールドがお得

リップルの価格上昇の鍵は実用化です!

実用化されれば、仮に国際送金市場のわずか10%のシェアしか取れなくても価格は上がります!

実用化されるまでに投機によりリップルの価格は高騰と暴落を繰り返すでしょう。それに一喜一憂せずに、実用化するまで辛抱強く長期ホールドするのが一番お得であると思います。

もちろんリップルが実用化されずに終わってしまう可能性もあるため、そのリスクを承知の上でリップルに投資をしてみたいと思う方は今のうちに購入してみてはいかがでしょうか?

 

おすすめの取引所徹底比較ランキング

XRPを購入するなら安全性の高い取引所を使おう

リップルは実用化されるまで長期取引所に預けておく必要があるため一番大切なのは安全でセキュリティ対策万全な取引所を使うことだと思います。

実用化されたらどのみち価格は上がるのでリップル購入時の手数料など誤差のようなものです!

これらを踏まえてリップルを購入できる取引所を徹底的に比較したのでぜひ参考にしてください!

 

第1位. GMOコイン:堅牢なセキュリティと管理体制に定評あり!

GMOコイン

GMOインターネットグループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かした堅牢なセキュリティと管理体制に定評があり、安心してリップルを預けておくことができます。

操作性もよく非常に使いやすいため迷わずリップルを購入することができることからも一番おすすめしています。

リップルの投資は長期戦になることが予想されます!安心できるGMOコインを利用してみてはいかがでしょうか?

 

第2位. ビットバンク(bitbank.cc):リップル取扱いあり

bitbank.cc

あまり聞いたことが無い方も多いと思いますが、ビットバンクでもリップルを購入することができます。

2018年3月31日まで取引手数料無料キャンペーンを開催中なので、この機会に利用してみるのも良いと思います。

仮想通貨の取引量が少ないという欠点がありますがリップルを購入できる数少ない国内取引所の1つです!

 

第3位. バイナンス(BINANCE):リップル以外の通貨も同時に購入できる!


海外の取引所です。世界最大級の取引量を誇り、100種類以上の仮想通貨を取扱っています。

取引手数料が0.1%と業界最安級なところもプラスポイントです!

香港の取引所であるため長期ホールドに向くかどうかはわかりませんが、リップル以外にもエイダコイン(ADA)イオス(EOS)などの日本では購入できない期待されている通貨を同時に購入したい方は使ってみてはいかがでしょうか?

バイナンスに送金

バイナンスを利用するためには国内の仮想通貨取引所でビットコインを購入し、それをバイナンスに送金する必要があります。そのビットコインでリップルやその他の通貨を購入することになります。

GMOコインはビットコインの送金手数料が無料(GMOコインが負担してくれる)なのでバイナンスとの相性は抜群です!

 

第4位. DMM Bitcoin:サポートが充実!

dmmbitcoin

DMM.com証券を運営しているDMMグループが新しく始めた仮想通貨販売所です。タレントのローラさんを広告に起用しているためご存知の方も多いのではないでしょうか?

DMM Bitcoinでもリップルを購入することができます。

24時間対応の充実したサポートがあったり、リップルでFXトレードができたりするので興味のある方は是非!

 

第5位. ビットトレード (BitTrade):チャート分析ツールが使いやすい

ビットトレード

ビットトレード (BitTrade)はチャート分析ツールが売りの取引所です。

リップルは基本長期ホールドがおすすめですが、リップルの短期トレードに挑戦してみたいという方はビットトレードでチャート分析ツールを使用してみてはいかがでしょうか?

 

その他. コインチェック(Coincheck):停止中

コインチェック

コインチェックはネム不正流出事件で現在ビットコイン以外の取引が停止中です。残念ながらリップルの購入はできません。

マルチ・シグネチャやコールドウォレットの導入をしておらず安全性・セキュリティに不備がありました。

今後どう改善されるか見ものですね!

 

まとめ

いかがでしたか?

リップルに投資するなら、一時的な価格の変動に一喜一憂せず実用化されるまで長期ホールドするのがおすすめです。

安全性・セキュリティ対策で軍配が上がるGMOコインがおすすめです!

 

2018年のおすすめ仮想通貨

2018年おすすめの仮想通貨ランキング

現在、仮想通貨はなんと1000種類以上もあります。

それぞれの仮想通貨にはひとつひとつ目的や特徴があって、大企業が研究しているものから実際に実社会で使われているものまで様々です。

2018年に期待できる本当におすすめの仮想通貨ランキングはこちらからどうぞ!

 

-仮想通貨

Copyright© CryptoMaster , 2018 All Rights Reserved.