仮想通貨取引所

【口座開設はいつから?】SBIバーチャル・カーレンシーズの特徴・リップルとの関係・取扱通貨【仮想通貨取引所】

更新日:

SBIバーチャル・カーレンシーズ

SBIホールディングスは孫正義氏が率いるソフトバンクグループの金融関連企業として設立され、その後独立しました。とても社会的信頼性の高い会社として有名です。

そんなSBIホールディングスが仮想通貨取引所に参入することが決定し話題になっています。

  • どんな取引所なの?
  • 取扱通貨・銘柄は?
  • リップル社との関係は?
  • いつから口座開設できるようになるの?

と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか?

このような方のために、SBIバーチャル・カーレンシーズ(SBIVC)についてできる限りわかりやすくまとめたので是非参考にしてください!

SBIバーチャル・カーレンシーズの基本情報:基本概念は「世のため人のため」


出典:ベンチャー通信Online

運営会社 SBIバーチャル・カレンシーズ株式会社
住所 東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー
設立年月日 2016年11月1日
資本金 9億8,000万円(資本準備金を含む)
代表取締役 代表取締役会長 北尾 吉孝
代表取締役副会長 浅野 恵造
代表取締役社長 齋藤 亮
加入協会 一般社団法人 日本仮想通貨事業者協会(JCBA)
金融庁 登録認可済み

SBIホールディングス代表取締役社長として有名な北尾吉孝氏が会長を務めています。

北尾吉孝氏は証券・銀行・保険等様々な分野で成功を収めるSBIホールディングスを設立当初から引っ張ってきた経営者です。

「世のため人のため」の基本概念を大切にしている北尾吉孝氏が会長ということもあり、SBIバーチャル・カーレンシーズは社会的にとても信頼される取引所です。

 

特徴を簡単に説明

SBIVCの特徴とは

SBIバーチャル・カーレンシーズには、SBIグループによる絶対的な社会的信頼性があり、取引所の業務以外にリップルや独自の仮想通貨『Sコイン』を用いた次世代の決済システムを作っているといった特徴があります。

 

手数料や安全性などの評判

SBIホールディングスは800億円以上の資本金を誇り、証券・銀行・保険等国内最大規模の金融サービスを提供しています。

資本力や技術力、ノウハウなど日本トップクラスであり、それを活かしたセキュリティ面やサポート体制は確実に信頼できるでしょう!

*詳細は情報を入手次第すぐに更新します。

 

取扱通貨・銘柄

現段階ではビットコイン、リップル、ビットコインキャッシュの3種類ですが今後増えていくでしょう!

独自の仮想通貨『Sコイン』を発行することも正式に発表しており注目を集めています。

 

日本円とのレートを安定される独自仮想通貨『Sコイン』

Sコインとは

SBIバーチャル・カーレンシーズの発行するSコインは、日本円とのレートを安定させるために作られた仮想通貨です。

  • いつでも・どこでも安心して利用できる
  • 決済コストの大幅な低減
  • 決済していることを意識させないほどスムーズな支払い

の3つの目標を掲げています。

リップルが銀行間の送金のために使われることに対し、Sコインは消費者と企業間の決済に使われることを目指しています。

詳細情報は不明ですが、「1 Sコイン = 100円」などレートを固定することで価格を安定させるような通貨であると予想されています。

 

SBIとリップルの関係は?

SBIとリップルの提携

現在の金融業界には送金が苦手という欠点があります。

アジアで証券・銀行・保険などの様々な大規模な金融サービスを展開しているSBIグループはこの課題の解決をずっと試みていました。

その解決策としてリップル社と提携し『SBI Ripple Asia 株式会社』を設立し、リップルを利用してアジア間の決済を一元化しようと試みています。

リップル社に投資も行なっており現存するリップルの10%を保有していることでも知られています。そのため取引所でもリップルの取引きが盛んになることが予想されています。

 

いつから口座開設できるようになるの?

仮想通貨取引サービス開始時期の延期のお知らせ

多くのお客様よりサービス開始へのご期待をお寄せいただいておりますこと、厚くお礼申し上げます。
本年2月中に、先行予約での優先口座開設を完了いただいたお客様へ取引に必要な書類の郵送を開始する時期と、一般のお客様からの口座開設申込の受付を開始する時期をお知らせする予定でしたが、時期を延期させていただきます。
当社では、一層の安全性が望まれている仮想通貨交換業者の利用者保全において、セキュリティ対策や預り資産の管理方法、顧客管理態勢のさらなる強化に、一定の時間を要すると判断いたしました。
お客様をお待たせし大変恐縮ではございますが、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

引用元:おしらせ | SBIバーチャル・カーレンシーズ

要約すると取引所のさらなる安全のために口座開設は延期するとのことです。

 

まとめ

いかがでしたか?SBIバーチャル・カーレンシーズのことをまとめると、

  • SBIホールディングス傘下で社会的信頼性がとても高い
  • 取扱通貨はビットコイン、リップル、ビットコインキャッシュ
  • Sコインという独自の仮想通貨を発行予定
  • リップル社と提携しアジア間の決済を一元化しようとしている
  • 2018年2月に口座開設受付の延期を発表

といったところでしょうか。

SBIバーチャル・カーレンシーズの参入がとても楽しみです。

新しい情報を入手次第更新していきます!

 

SBIVC以外の国内仮想通貨取引所

ビットフライヤー(bitFlyer)

おすすめポイント

国内取引量・ユーザー数・資本金No.1

セキュリティレベルが非常に高く安心して利用できる

最大500万円の損失補償がある

ビットフライヤー(bitFlyer)は安心安全の大手取引所です。三菱UFJキャピタル株式会社・三井住友海上キャピタル株式会社・電通デジタルホールディングスなどの大企業から出資を受けています。

初心者の方にも使いやすく最短3分で登録完了します!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

国内取引量・ユーザー数・資本金No.1

3年連続ビットコイン取引量No1、ユーザー数No1、資本金41億円と国内最大手です。ビットコインだけではなく、イーサリアムやライトコインなど計6種類の仮想通貨を購入できることも魅力の1つです!

最大500万円の損失補償がある

ビットコインやイーサリアムが日本円で不正出金された場合、最大500万円の損失補償を受けることができます。

ビットフライヤー(bitFlyer)は初心者の方でも安心して利用できる当サイトおすすめの取引所です!

GMOコイン

GMOコイン

おすすめポイント

GMOインターネットグループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かしたセキュリティや管理体制が堅牢

アプリやサイトが非常に使いやすく初心者の方でも迷わず使える

仮想通貨FXトレードができる

リップルを購入できる

ITや金融サービスで有名なGMOインターネットグループ傘下の仮想通貨取引所です。GMOインターネットグループのノウハウを活かし、堅牢なセキュリティと管理体制のもと安心して仮装通貨取引することができます。

ビットコインのFXトレードに力を入れていることでも有名です。

セキュリティや安全性の実績があり、アプリやサイトが見やすくて初心者の方でも迷わず使えます!最短3分で登録完了します!

GMOインターネットグループ傘下でセキュリティが堅牢

GMOインターネットグループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かし、堅牢なセキュリティと管理体制のもと安心して仮想通貨取引できることが最大のおすすめポイントです。

同グループ傘下のGMOクリック証券はFX年間取引高世界1位の実績があり、そのノウハウを活かした安全対策には定評があります。仮想通貨取引所はみなさまの大切な資産を預ける場所なので、必ずセキュリティや安全対策のノウハウを持っている取引所を選びましょう!

アプリやサイトが使いやすい

GMOコインはアプリやサイトが使いやすいことで有名です。計算されたデザインやレイアウトにより直感的に操作することができるため、初心者の方にもおすすめです!

レバレッジ5倍で仮想通貨FXができる

レバレッジ5倍で仮想通貨のFX取引をすることができます。空売りができるため仮想通貨の価格が下がっている時にも利益をだすことができます。

『ビットレ君』というスマートフォンアプリでFX取引ができるので外出中に操作できることもおすすめポイントです!

セキュリティ対策の実績があり非常に使いやすいことから初心者の方も安心して利用することができとてもおすすめの取引所です!

最後に

一般的に仮想通貨の取引所は、目的に応じた使い分けや投資の基本であるリスク分散のために複数の取引所を目的に応じて使い分けることが推奨されています

海外の取引所では登録希望者が殺到し、新規登録を停止する取引所が増えてきています。日本でも仮想通貨ブームが起きているのでいつ新規登録が停止になるかわかりません。登録だけでもしておきましょう!

おすすめの取引所についてはこちらの記事でも紹介しています。取引所を決める際に気をつけるポイントなどをわかりやすく解説していますので、よかったらご覧ください!

-仮想通貨取引所

Copyright© CryptoMaster , 2018 All Rights Reserved.