仮想通貨取引所

【仮想通貨】専門家の私が選ぶ”絶対”おすすめの国内・海外取引所ランキング

更新日:

仮想通貨取引所おすすめランキング

ビットコインが高騰して以来、仮想通貨という言葉を耳にする機会が増えましたね!

また、「仮想通貨やビットコインを買ってみたい!」といった方々が増えてきました。

仮想通貨やビットコインを購入するためには仮想通貨取引所を使う必要がありますが、

  • そもそも仮想通貨は安全なの?今からでも遅く無いの?
  • 手数料はどこが安いの?
  • 安全性やセキュリティ対策がちゃんとしている取引所はどこ?
  • 海外の取引所はどうなの?

とわからないことがたくさんあると思います。

この記事では仮想通貨やセキュリティの専門家である私が徹底調査・比較し、本当におすすめできる仮想通貨取引所をランキング形式で紹介していきます。

専門的な知識がなくてもわかるように書いているので是非参考にしてみてください!

*時間の無い方のために簡単に紹介

安全性・信頼性が高く補償が手厚い
  → bitFlyer公式サイト

マイナス手数料とトークンが魅力
  → Zaif公式サイト

リップルが買える!大手グループで安心
  → GMOコイン公式サイト

 

仮想通貨を買う前に知っておきたいこと - 仮想通貨の今後

ビットコイン高騰

ビットコインは2009年にサービスを開始してから3,000万倍まで価格が上昇しました。当時10万円分のビットコインを買っていたとしたら今ごろ3兆円です!信じられますか?

ビットコインや仮想通貨と聞くと価格のことばかりに注目してしまいがちですが、仮想通貨の本質は価格ではなくその根本にある「ブロックチェーン」と呼ばれる技術です。

ブロックチェーンは革新的な技術であり、「AI」と並んで今後の世界を変えていくことは間違いないでしょう。

実用化

仮想通貨規制のニュースなどで心配する方も多いと思いますが、これは逆に実用化に向けて動いているという証拠です。仮想通貨の規制は今後正しく使うためのルールを設けているにすぎません。2018年は仮想通貨の実用化がどんどん進む1年になるでしょう!

仮想通貨はむしろ始まったばかり!これからです!

 

仮想通貨は危険?

安全な取引所を選ぼう

「仮想通貨は危険」と不安に思っている方も多いと思いますが、

仮想通貨は『ブロックチェーン』と呼ばれる革新的な技術により改ざんやハッキングされることはありません!

「ビットコインが盗まれた」というニュースは、取引所と呼ばれる仮想通貨の銀行が安全対策やセキュリティ対策を十分にしていないことが原因です。

決してビットコイン自体に欠陥があって盗まれたわけではありません!

銀行も十分な警備をしていなかったら泥棒に入られてしまいますよね?それと同じことです。

まとめると、仮想通貨を買うときに1番大切なことは信頼性の高い取引所を選ぶことです。自分の資産を守ってくれる、安全対策やセキュリティ対策が万全の信頼できる取引所を選びましょう!

 

これだけは知っておきたい!取引所選びの5原則

取引所を選ぶ際には、以下の5つのポイントを抑えましょう。

安全性とセキュリティ

手数料

取扱通貨の数

取引量

使いやすさ

それぞれ簡単に見ていきましょう!

 

1. 安全性とセキュリティ

安全性とセキュリティ

先ほども話したとおり「安全性とセキュリティ」が1番大切です。安全対策やセキュリティ対策以外にも運営会社が安定していることも重要です。

運営会社が安定していない場合、倒産などで自分の資産を失ってしまう可能性があります。

大切な資産を失わないためにも信頼のできる取引所を選びましょう。この記事でおすすめしている国内取引所は全て安全性・セキュリティ対策に力を入れていて、運営会社が安定している信頼できる取引所です!

おすすめはビットフライヤー(bitFlyer)

 

2. 手数料

手数料

手数料は1回の取引で数十円〜数百円です。頻繁に取引をすると年間で10万円以上も手数料で取られてしまいます。そのため、短期トレードを視野に入れている方にとって手数料が安い取引所を選ぶことは極めて重要です。

おすすめは、マイナス手数料により逆に手数料がもらえてしまうザイフ(Zaif)

さらに詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください!

【手数料とスプレッド】どの仮想通貨・ビットコイン取引所が安いか徹底比較!

3. 取扱通貨の数

取扱通貨の数

最近リップル(XRP)という仮想通貨がアメリカン・エクスプレスと提携し一晩で10倍に高騰しました!

自分の登録している取引所がその仮想通貨を取り扱っていないとこのようなチャンスを逃してしまいます。

口座開設には時間がかかります。千載一遇のチャンスに備えて取扱通貨の数が多い取引所を1つ持っておきましょう。

リップルを買うならGMOコイン

 

4. 取引量

取引量

取引量の少ない取引所で取引を行うと損をしてしまいます。取引量が少ないと売買金額の差(スプレッド)が大きくなり、高く買って安く売ることになってしまいます。

国内取引量の90%以上は以下の3社が占めています。

  • ビットフライヤー(bitFlyer)
  • ザイフ(Zaif)
  • GMOコイン

さらにビットフライヤー(bitFlyer)は国内取引量の60%以上を占めます。

この3社であれば取引量に問題はありません。

3社とも十分な取引量があります

 

5. 使いやすさ

仮想通貨は常に価格が変動するためこまめに確認できると大変便利です。外出先でもすぐに確認できて簡単に取引が行えるアプリの使いやすさも、取引所選びのポイントです。

おすすめは、アプリの完成度が高いビットフライヤー(bitFlyer)

この5つのポイントに注目して国内仮想通貨取引所ランキングをつくりました!

 

国内仮想通貨取引所おすすめランキング

実際に仮想通貨を研究している私が、

実際に取引所を利用してみて

専門家として取引所の技術を調査してみて

国内仮想通貨取引所おすすめランキングをつくりました。大切な資産を預ける場所なので徹底的に調査しました。

是非参考にしてください!

第1位. ビットフライヤー(bitFlyer):安全性とセキュリティ、取引量がすごい国内最大手の取引所

ビットフライヤー

bitFlyer(ビットフライヤー)の基本情報

運営会社 株式会社bitFlyer
住所 東京都港区赤坂3-5-5 ストロング赤坂ビル8階
設立年月日 2014年1月9日
資本金 41億238万円
代表取締役 加納 裕三
加入協会 一般社団法人 日本ブロックチェーン協会(JBA)
一般社団法人 日本仮想通貨事業者協会(JCBA)

取扱通貨一覧

取扱通貨 : 7種類

おすすめの理由

ビットフライヤー(bitFlyer)を1番おすすめする理由は、何と言っても安全性やセキュリティの高さです。

運営会社は、日本の取引所の中で資本金が41億円と資本金がずば抜けて多く、国内最大手の取引所です。国内のビットコインの60%がこの取引所で取引されていることからも規模の大きさがうかがえます!

マルチ・シグネチャやコールドウォレットといった最新技術をいち早く導入し、安全対策やセキュリティ対策にも力を入れています。さらに500万円までの損失補償もあり、不安な気持ちを持つことなく安心して利用することができます。500万円の損失補償があるということは、それだけ安全性やセキュリティに自信があるということですね!

ウェブサイトやスマホアプリも非常に使いやすく、初めて仮想通貨やビットコインを買う人でも気軽に利用することができます!

安全性を重視する方や初めての方におすすめ!

 

第2位. ザイフ(Zaif):手数料が1番安い!積立やトークンなどのサービスが面白い

ザイフ

ザイフ(Zaif)の基本情報

運営会社 テックビューロ株式会社
住所 大阪府大阪市西区西本町1-4-1オリックス本町ビル4F
設立年月日 2014年6月16日
資本金 8億3013万円
代表取締役 朝山 貴生
加入協会 一般社団法人 日本仮想通貨事業者協会(JCBA)一般社団法人 ブロックチェーン推進協会(BCCC)

取扱通貨一覧

取扱通貨 : 5種類

取扱トークン一覧

  • ZAIF:ザイフトークン(ZAIF/ZAIF)
  • CMS:コムサトークン(CMS/COMSA)
  • XCP:カウンターパーティートークン(CounterParty/XCP)
  • BCY:ビットクリスタルトークン(BitCrystals/BCY)
  • SJCX:ストレージトークン(Storj/SJCX)
  • FSCC:フィスココイン(FISCO/FSCC)
  • PEPECASH:ぺぺキャッシュ(PepeCash/PEPECASH)
  • CICC:カイカトークン(CAICA/CICC)
  • NCXC:ネクスコイン(NCXXCoin/NCXC)

取扱トークン数:9種類

*トークンについて詳しく知りたい方はZaifの詳細ページをご覧ください。

おすすめの理由

ザイフ(Zaif)の特徴は何と言っても手数料の安さです。

マイナス手数料』によって逆に手数料がもらえてしまうという特徴的な取引所になっています!

取引手数料が非常に安いので、1日に何回も取引をする短期トレードに向いています!また『Zaifコイン積立』で積立をすることによって、短期トレードのリスクを分散させることができることもザイフ(Zaif)の魅力の1つです。

運営会社であるテックビューロ株式会社はAIの研究や、「Mijin」と呼ばれる仮想通貨の技術研究プロジェクトにも取り組んでいます。最先端の研究に取り組んでいて高い技術力を持っているので、仮想通貨の扱いに安心感が持てますね。

仮想通貨取引所の中でもっとも技術研究に力を入れているのがザイフ(Zaif)です!

短期トレードで利益を出したい方や、積立をしたい方におすすめです。

トークンマイナス手数料Zaifコイン積立について詳しく知りたい方は、Zaif詳細ページをご覧ください!

 

第3位. GMOコイン:リップルを買うならここ!大手金融サービスを運営する大手グループ傘下

GMOコイン

GMOコインの基本情報

運営会社 GMO-Z.comコイン株式会社
住所 東京都渋谷区桜丘町20-1 渋谷インフォスタワー
設立年月日 2016年10月
資本金 5億円
代表取締役 若松 剛史
加入協会 一般社団法人 日本ブロックチェーン協会(JBA)
一般社団法人 日本仮想通貨事業者協会(JCBA)

取扱通貨一覧

取扱通貨 : 5種類

おすすめの理由

GMOインターネットグループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かした堅牢なセキュリティと管理体制に定評があります。安心して仮想通貨を購入できることが最大のおすすめポイントです。

GMOインターネットグループはもともと証券会社や外貨為替証拠金取引(FX)を運営しており、傘下のGMOクリック証券は5年連続でFX年間取引高世界1位の実績を誇っています。

国際送金サービスとして実用化されるリップルを購入できることや、レバレッジ5倍で仮想通貨のFXトレードができることもGMOコインの特徴です。『ビットレ君』という非常に使いやすいスマートフォンアプリがあるので初心者の方でも手軽に仮想通貨を購入することができます。

非常に使いやすいことから初心者の方も安心して利用することができます。

リップルを購入したい方やFXトレードをしたい方はGMOコインを使いましょう!ビットコインの送金手数料が無料なので海外の仮想通貨取引所に送金するときはGMOコインを使うとお得です。

 

第4位. DMM Bitcoin:充実した24時間サポート!リップルも購入できる大手グループ傘下の取引所

dmmbitcoin

DMM Bitcoinの基本情報

運営会社 株式会社 DMM Bitcoin
住所 東京都中央区日本橋2-7-1東京日本橋タワー10
設立年月日 2016年11月7日
資本金 2億9000万円
代表取締役 田口 仁
加入協会

取扱通貨一覧

取扱通貨 : 7種類

おすすめの理由

DMM.com証券を運営しているDMMグループが新しく始めた仮想通貨取引所です。タレントのローラさんを広告に起用してるためご存知の方も多いのではないでしょうか?

DMMグループには証券会社運営の技術やノウハウが蓄積されているので、安心して利用できる仮想通貨取引所となっています!

国際送金サービスとして今後実用化されるリップルを購入できることも魅力の1つです!リップルはアメリカンエキスプレスやJPモルガン、三菱東京UFJ銀行などの大企業と提携している期待性抜群の仮想通貨です。

スマホアプリがとても使いやすく、24時間体制のサポートもあるので初心者の方でも簡単に使うことができます。

リップルを購入したい方や充実したサポートを求めている方におすすめ!大企業が運営しているため安心!

 

国内取引所まとめ

いかがでしたか?これらの取引所はそれぞれ違った良さがあり、どれも本当におすすめできます!

重要なことですが、投資の基本であるリスク分散のために複数の取引所で口座開設をすることをおすすめします。

複数の取引所で口座開設をして、

  • 長期トレード
    → ビットフライヤー(bitFlyer)、GMOコイン、DMM Bitcoin
  • 短期トレード
    → ザイフ(Zaif)
  • リップルの購入
    → GMOコイン、DMM Bitcoin
  • 海外の取引所に送金
    → GMOコイン

と目的に応じて使い分けるのがおすすめです!

その他の国内仮想通貨取引所の一覧はこちらをご覧ください!

仮想通貨取引所23社の特徴一覧&15の項目で徹底比較

 

海外在住の方へ

海外在住の方で、日本の取引所に口座開設をしたい方は以下の記事をご覧ください。

海外在住でも口座開設できる日本の取引所と、その口座開設方法についてまとめています!

さらに、海外在住の方がビットコイン・仮想通貨で含み益が出た場合の税金についてもわかりやすく解説しています。

海外在住の私が日本の仮想通貨取引所を開設できるのか試してみた【ビットコイン】

 

コインチェックの不正流出事件に関して

コインチェック

2018年01月26日に約540億円分の仮想通貨「NEM(ネム)」が流出したことで、現在ビットコイン以外の取引を停止しています。

原因は国際団体から採用を推奨されていたセキュリティ対策技術の『コールドウォレット』と『マルチ・シグネチャ』の導入を怠っていたことであると考えられています。

ビットフライヤー(bitFlyer)、ザイフ(Zaif)、GMOコインはいずれも『コールドウォレット』と『マルチ・シグネチャ』を導入しています。

 

海外の仮想通貨事情

海外の仮想通貨取引所を利用するには、国内の仮想通貨取引所を口座開設している必要があります。まだ口座開設されていない方は、先に国内の仮想通貨取引所で口座を開設しましょう!

海外の仮想通貨取引所には、取扱通貨の種類が圧倒的に多いといった特徴があります。

例えばBINANCE(バイナンス)という海外の取引所では、なんと100種類以上の仮想通貨を取扱ってます。

その中には日本では購入できないけど将来性が非常に期待されている通貨もたくさん含まれています。例をあげるとカルダノエイダコイン (ADA)イオス(EOS)などです。

また、できたばかりで無名の通貨(通称「草コイン」)は基本的に海外の仮想通貨取引所に上場することで有名になり価格が高騰します。

TRON(TRX)と呼ばれる仮想通貨はBINANCEに上場して、わずか3ヶ月で100倍以上なり時価総額が2兆円を突破しました。

TRXが3ヶ月で100倍に上昇

このように、海外の仮想通貨取引所では

  • 日本では購入できないけど将来性のある通貨
  • 価格が高騰する前の無名な通貨(草コイン)

を購入することができるといったメリットがあります。

海外の取引所を使ってみたい!

さっそくこのように思うかもしれません!しかし、海外にある仮想通貨の取引所は現在60社以上もあります!

自分の大切な資産を運用するのですから、

たくさん取引所があるけど、結局どこの取引所がいいんだろう...
信頼できる取引所をつかいたいな...

このように思うのは当然のことでしょう。

そこで、仮想通貨を研究している私が実際に利用してみてわかった本当におすすめできる海外取引所を3つ厳選して紹介します!

ランキング形式で見やすく解説していきますので、3分後には安心して使える海外の仮想通貨取引所を見つけられるでしょう。

仮想通貨や取引所のことをよく知らなくても理解できるように、わかりやすく丁寧に解説してみたのでぜひご覧ください!

 

日本語対応について

「英語があまり得意ではない」という方にとって日本語対応は大切です。

国内の取引所と出来ることはほとんど同じなので、英語のままでも利用することは可能です

しかし英語のままでは、いざという時に対応が遅れてしまう可能性があります。せっかくのチャンスを無駄にしたくはないですよね。

今ではGoogle翻訳の精度が非常に高く、日本語に対応していないウェブサイトでも問題にならないことが多いですが、やはり公式サイトが日本語に対応していると安心です!

 

おすすめ海外取引所ランキング

実際に私が口座開設して、取引に利用しているおすすめ海外取引所をランキング形式で紹介していきます!

第1位. BINANCE(バイナンス)

binance
BINANCE(バイナンス)は香港に拠点を置く世界最大級の取引所です。2位のBITTREX(ビットレックス)と並び格式の高い取引所です。

取扱通貨数も多く、100種類以上の仮想通貨を購入することができます!

取引手数料も0.1%とかなり安く、さらにBINANCE(バイナンス)が発行しているバイナンスコイン(BNB)を手数料で支払うことができます。その場合の取引手数料はなんと0.05%!

日本の取引所はアルトコインの手数料は高い傾向にあるため、アルトコインを頻繁にトレードするならBINANCE(バイナンス)を使うとお得です。

日本語にも対応しており使いやすさも文句なしです!スマホアプリが使いやすいこともおすすめポイントの1つです。

現在、日本語が一時的に表示されなくなっています。近日中に再び表示される予定です!

こんな人におすすめ!

  • 世界最大規模の取引所を利用してみたい人
  • 日本では購入できない通貨が欲しい人
  • スマートフォンアプリで快適に取引きしたい人

 

第2位. BITTREX(ビットレックス)

bittrex

BITTREX(ビットレックス)はアメリカのラスベガスに本社を置く仮想通貨取引所です。2014年営業開始と、仮想通貨取引所としては歴史のあるほうです。

取扱通貨は250種類以上と多いです。カルダノエイダコイン(ADA)がBITTREX(ビットレックス)に上場したことで一気に高騰し有名になるなど、ユーザーから非常に信頼されている取引所と言えます。

日本語非対応、取引手数料が0.25%と高い、本人確認をしないと1日0.025BTC(約2万円)しか引き出せないといった欠点はありますが、歴史や取扱通貨の多さから非常におすすめできる取引所です。

こんな人におすすめ

  • アメリカの取引所を使ってみたい
  • 影響力のある取引所を使ってみたい
  • 無名の通貨が有名になる様子をみたい

 

第3位. KuCoin(クーコイン)

KuCoin

KuCoin(クーコイン)も世界最大規模の取引所の1つです。

手数料は0.1%と安く、KuCoin(クーコイン)が発行しているクーコインシェア(KCS)を持っていると、一日の手数料の半分が配当として還元されます。

このクーコインシェア(KCS)自体が今後高騰する可能性もあります。今のうちに購入しておくのもおすすめです!

日本語対応も完璧で、本人確認なしですぐに利用開始できるため非常に便利です。

運営会社がホワイトペーパーと呼ばれる会社の今後の方針を発表していることも信頼できるポイントになっています!

whitepaper

ホワイトペーパーで今後1,000種類以上の通貨を取扱うことを明記しているため、草コインを買うには非常におすすめの取引所です!

こんな方におすすめ!

  • 本人確認なしですぐに利用開始したい方
  • たくさんの種類の草コインを買ってみたい方
  • 今後高騰する可能性のあるKCSを今のうちに欲しい方

 

その他. YoBit(ヨビット)

yobit

YoBit(ヨビット)は数百種類の仮想通貨を取扱っている取引所です。

YoBit(ヨビット)でしか取り扱っていない草コインなどもあり、非常に特徴的な取引所となっています!

登録も簡単で、本人確認無しですぐに利用開始することができます。

仮想通貨を日利10%以上で貸すこともできます。10万円貸した場合、2ヶ月後には3,000万円になっている計算です(その通貨が暴落しないことが前提ですが)。

草コインはBINANCE(バイナンス)やBITTREX(ビットレックス)に上場した時点で有名になってしまうので、草コインではなくなってしまうことが多いです。

本当に誰も知らない本物の草コインを購入したい人は是非!

こんな方におすすめ!

  • ハイリスクハイリターンの取引をしたい方
  • 仮想通貨を貸して利子をもらいたい方
  • 本当に誰も知らない草コインを買いたい方

 

海外取引所まとめ

いかがでしたでしょうか?

今は海外でしか購入できない通貨の中には今後日本の取引所に上場するものもでてくるでしょう。

日本の取引所に上場するにはとても厳しい審査に通らなくてはいけないので、実は日本の取引所に上場するということは本当に将来性があることの証明でもあります。

その時価格が上がるはずなのでその前に購入してみてはいかがでしょうか?

草コインは高騰することもありますが、暴落する可能性も高いのでよく調べてから購入するようにしましょう!

-仮想通貨取引所

Copyright© CryptoMaster(クリプトマスター) , 2018 All Rights Reserved.