仮想通貨

ZAIF(ザイフ)トークンとは?チャートから今後の将来性を読み解く

更新日:

仮想通貨という言葉ももうすっかり浸透してきましたね!

2018年1月にはリップルが新聞の一面を飾るなど、仮想通貨がどんどん一般層にも広まってきました。

この記事では、その仮想通貨の取引所であるZaif(ザイフ)が発行している「ZAIF(ザイフ)トークン」について徹底的に解説していきます!

  • ZAIF(ザイフ)トークンって?仮想通貨との違いは?
  • 今後の将来性はどうなの?
  • どんな使い道があるの?

このような疑問を抱えていませんか?

この記事ではこれらの疑問にできるかぎりわかりやすく答えていきます!

この記事だけで全てわかるようにまとめていますので、仮想通貨についてよく知らない方もご安心ください。

 

ZAIF(ザイフ)トークンとは?仮想通貨との違いは?

ZAIF(ザイフ)トークンとは、国内の仮想通貨取引所である「ザイフ(Zaif)」を運営しているテックビューロ株式会社が発行しているトークンの1つです。

と言われても『トークン』がそもそも良くわからないですよね。まずはトークンについて解説していきます!

仮想通貨とトークンの違い

仮想通貨とトークンの違いは、オリジナルのブロックチェーンを持っているかどうかです。

ビットコインをはじめとした仮想通貨はブロックチェーンと呼ばれる技術で作られています。ブロックチェーンは一言でいうと『偽造や不正ができないように取引を成立させるシステム』です。ブロックチェーンはAIと並んで世界を変える技術と言われています。仮想通貨の種類がこんなにたくさんあるのは、仮想通貨ごとにブロックチェーンのつくりが少し違うからなんです。

つまり、オリジナルのブロックチェーンを持ってるものが仮想通貨となります。一方で、トークンはオリジナルのブロックチェーンを持っていません!

ザイフトークンをわかりやすく説明

ZAIF(ザイフ)トークンは、ビットコインのブロックチェーンを借りて動いています。

ビットコインのブロックチェーンを利用する技術はいくつかあり、ZAIF(ザイフ)トークンではカウンターパーティー(Counterparty)と呼ばれる技術を使っています。

余談ですが、国内の仮想通貨取引所が独自のトークンを発行することは前例がなく、ZAIF(ザイフ)トークンが初の試みとなります。

 

ZAIF(ザイフ)トークンの価格や発行枚数

カウンターパーティー(Counterparty)を用いて発行されたトークンは、全ての取引履歴を含めてインターネット上で公開されています。

xchain.io」では以下のようにZAIF(ザイフ)トークンの発行情報を確認することができます。

現在価格  約2円
時価総額  約188億円
最大供給量  90億ZAIF
上限が定められているか  ○

※「1ドル = 112円」で計算しました

現在価格は約2円となっています。ZAIF(ザイフ)トークンは発行当初の価格が約1円だったので現在は2倍まで成長しています!

時価総額は約188億円です。最近注目されているパックコイン(PAC)と同じくらいの時価総額ですね!

最大供給量は90億ZAIFとなっていて、これは上限として定められています。つまり、今後ZAIF(ザイフ)トークンが新しく発行されることはないようです!

参考:Change Token Settings

 

ZAIF(ザイフ)トークンのチャート

zaifトークンチャート

Zaifトークンは約1円で発行されてすぐに5倍となりました!その後は約1円で落ち着いてましたが、2017年11月に再び暴騰しています。

最近は取引量も増えてきています。取引量が増えるということは、ZAIF(ザイフ)トークンに興味を持つ人が増えたということです!

価格も底値に近くなっているので、購入を検討している方は今のうちに買っておくのもおすすめです!

 

COMSA(コムサ)トークンとは?Zaifトークンの3つの使い道

Zaifトークンの使い道は主に以下の3つとなります。

bitcoin(ビットコイン)との取引

円との取引

COMSAトークンの購入

COMSAトークンとは?

COMSAトークンとは、国内初のICOプラットフォームCOMSA(コムサ)で利用することができるトークンです!

COMSA(コムサ)を利用することで簡単に独自のトークンを発行することができるようになります。カウンターパーティー(Counterparty)と似てますね!

このCOMSA(コムサ)と呼ばれるプロジェクトは約109億円を調達したことでも話題となっています。

 

ZAIF(ザイフ)トークンの今後はどうなる?2018年の将来性を考察!

ロックアップ

Zaif(ザイフ)の運営元であるテックビューロ株式会社が、2017年10月20日にZAIF(ザイフ)トークンのロックアップを発表しました!

ロックアップとは、ある一定期間の間そのトークンを売らないことを約束することです。

ロックアップを行うことでZAIF(ザイフ)トークンを流通量を抑えることができるので、ZAIF(ザイフ)トークンの価値を高めることができます。

これによって2018年12月末日まで、ZAIF(ザイフ)トークンの最大供給量の25%にあたる22.5億ZAIFが凍結されます!

実際にロックアップの発表後は価格が高騰しました!

NEMプロトコルへ移行

また、ロックアップの発表と同時にネム(NEM)のブロックチェーンへの移行も発表されました。

理由については言及されていませんが、カウンターパーティー(Counterparty)からわざわざ移行するには何らかの大きな理由が考えられます。

今後の発表に期待しましょう!

今後や将来性

Zaif(ザイフ)ではCOMSA(コムサ)mijin(ミジン)などの新しい試みに取り組んでいたり、ロックアップを発表したりなど、ZAIF(ザイフ)トークンの価値を高めるために様々な施策を行っています。

今後も価格を上昇させるための施策やプロジェクトが発表される可能性が高いと考えられるので、ZAIF(ザイフ)トークンの将来性は非常に期待できます。

 

2018年のおすすめ仮想通貨

2018年おすすめの仮想通貨ランキング

現在、仮想通貨はなんと1000種類以上もあります。

それぞれの仮想通貨にはひとつひとつ目的や特徴があって、大企業が研究しているものから実際に実社会で使われているものまで様々です。

2018年に期待できる本当におすすめの仮想通貨ランキングはこちらからどうぞ!

 

ZAIF(ザイフ)トークンが購入できる国内取引所

ZAIF(ザイフ)トークンが購入できる取引所は、現在のところZaif(ザイフ)のみとなっています。

おすすめポイント

マイナス手数料で取引手数料が国内最安

仮想通貨の技術発展など社会貢献もしている

トークンや積立などのサービスが秀逸

ザイフ(Zaif)はマイナス手数料でビットコインの売買をするとお金がもらえてしまう取引所です。あの堀江貴文(ホリエモン)が技術アドバイザーを務めたことでも有名です。

運営会社であるテック・ビューロ株式会社は仮想通貨の技術発展プロジェクトやAIの研究なども行なっており、社会貢献に熱心なことでも知られています。

ZaifトークンやZaifコイン積立などの独自のサービスが使えたり、ネム(XEM)やモナーコイン(MONA)などの日本で人気の仮想通貨を購入できることも魅力の1つです。

口座開設の手順が簡単で最短3分で登録完了します!

マイナス手数料で取引手数料が国内最安

マイナス手数料』によって逆に手数料がもらえてしまうとてもユニークな取引所です。1日に何回も取引する短期トレードに向いています。

頻回に取引をすると手数料が年間10万円以上になることもあります。ザイフ(Zaif)を使えば手数料を劇的に節約することができます!

仮想通貨の技術発展など社会貢献もしている

仮想通貨の技術研究プロジェクトやAIの研究を盛んに行なっています。代表の朝山貴生は『Director of NEM Japan』に就任し日本国内での仮想通貨ネム(NEM/XEM)の責任者でもあります。

このような社会的貢献性が高いところもザイフ(Zaif)の特徴です。

トークンや積立などのサービスが秀逸

ザイフ(Zaif)でしか買えないトークンがあり、積立といった秀逸なサービスがあります

トークンはなんと全部で9種類あります。また、手数料の安さを利用して短期トレードをする傍で、積立により堅実な投資をすることでリスクを分散させることができます。これらのサービスについて詳しく知りたい方は「Zaif(ザイフ)手数料や評判は?トークン・Zaif積立を分かりやすく解説」をご覧ください。

ザイフ(Zaif)は独特な強みが多く、ビットフライヤー(bitFlyer)と両方口座開設して目的に応じて使い分けるのがおすすめです。取引所を複数つかうことで投資の基本であるリスク分散もできるのでおすすめです!

 

国内のおすすめ仮想通貨取引所はこちら

ビットフライヤー(bitFlyer)

おすすめポイント

国内取引量・ユーザー数・資本金No.1

セキュリティレベルが非常に高く安心して利用できる

最大500万円の損失補償がある

ビットフライヤー(bitFlyer)は安心安全の大手取引所です。三菱UFJキャピタル株式会社・三井住友海上キャピタル株式会社・電通デジタルホールディングスなどの大企業から出資を受けています。

初心者の方にも使いやすく最短3分で登録完了します!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

国内取引量・ユーザー数・資本金No.1

3年連続ビットコイン取引量No1、ユーザー数No1、資本金41億円と国内最大手です。ビットコインだけではなく、イーサリアムやライトコインなど計6種類の仮想通貨を購入できることも魅力の1つです!

最大500万円の損失補償がある

ビットコインやイーサリアムが日本円で不正出金された場合、最大500万円の損失補償を受けることができます。

ビットフライヤー(bitFlyer)は初心者の方でも安心して利用できる当サイトおすすめの取引所です!

 

最後に

一般的に仮想通貨の取引所は、目的に応じた使い分けや投資の基本であるリスク分散のために複数の取引所を目的に応じて使い分けることが推奨されています

海外の取引所では登録希望者が殺到し、新規登録を停止する取引所が増えてきています。日本でも仮想通貨ブームが起きているのでいつ新規登録が停止になるかわかりません。登録だけでもしておきましょう!

おすすめの取引所についてはこちらの記事でも紹介しています。取引所を決める際に気をつけるポイントなどをわかりやすく解説していますので、よかったらご覧ください!

 

-仮想通貨

Copyright© CryptoMaster , 2018 All Rights Reserved.