ニュース

【ニセサイト】bitFlyerを装ったフィッシングメールが流通 不審な本人確認メールに注意

投稿日:

5月23日頃から仮想通貨取引所『bitFlyer』を装ったフィッシングメールが流通している模様です。

24日現時点でも誘導先のニセサイトは稼働しており、bitFlyer公式はTwitterで注意喚起を促しています。

不審な本人確認メールに注意

bitFlyer公式によると、このフィッシングメールは件名や内容にいくつかの種類が確認されているものの、一貫として本人確認のために同フィッシングメール内に記載されているURLからログインを促すものであり、このURLからニセサイトへ誘導するもようです。

既に一部のセキュリティソフトやChoromeブラウザなどではこのニセサイトへのアクセスをブロックしていますが、もし誤ってアクセスしてしまった場合はアドレスバーを確認し、公式表記が無い場合は個人情報等を絶対に入力せず、すみかやに閉じるよう注意を呼びかけています。

bitFlyerを装ったニセサイトの出現は今回2度目

bitFlyer公式を装ったフィッシング攻撃は2017年11月にも見られ、今回の件で2度目になります。

bitFlyer公式は一度目の攻撃時にフィッシングサイトへの注意を喚起しており、公式サイトの見分け方の資料(PDF)を公開しています。

2018年のおすすめ仮想通貨

2018年おすすめの仮想通貨ランキング

現在、仮想通貨はなんと1000種類以上もあります。

それぞれの仮想通貨にはひとつひとつ目的や特徴があって、大企業が研究しているものから実際に実社会で使われているものまで様々です。

2018年に期待できる本当におすすめの仮想通貨ランキングはこちらからどうぞ!

 

おすすめ仮想通貨取引所

仮想通貨取引所おすすめランキング比較

-ニュース

Copyright© CryptoMaster , 2018 All Rights Reserved.