仮想通貨

【仮想通貨】VeChain(VEN/ヴィチェーン)とは?特徴から今後の将来性を考察【2018】

投稿日:


仮想通貨『VeChain』とは、2017年8月15日に中国内最大規模のブロックチェーン関連企業『BitSE』が公開した通貨で、ブロックチェーンとスマートチップの技術を用いたアプリケーションのプラットフォームです。

公開日から見て分かるとおりVeChainは比較的新しい通貨ながらも、他に類を見ない画期的なプロジェクト内容から大きな注目を集め、現在の時価総額まで登りつめました。

その内容とは、商品情報を改ざん不可能なブロックチェーンで管理するというものです。

これによって消費者は簡単に高級ブランド品などを正規品か偽物か瞬時に判断できるようになるほか、商品情報から生産元や物流過程を見ることでその商品の安全性や信頼性を確認できるようになります。

この記事では

  • 現在の価格とチャート
  • VeChainの特徴
  • VeChainの将来性や今後の使い道

などをわかりやすく解説していきます。

ぜひご参考になれば幸いです。

VeChainの価格とチャート

VeChainは現在(2018年5月)時価総額16位です。

2017年12月から徐々に価格が上がり初め、2018年1月には最高値937円まで上昇しました。

現在は400円前後を推移しています。

VeChainとは?

 

VeChainはVeChain財団によって開発されたブロックチェーンのプラットフォームで、製品情報をブロックチェーンで管理する技術を提供する情報システムです。

ベースにイーサリアムを用いているためスマートコントラクトを搭載しており、IoTプラットフォームとして機能します。

VeChainの大きな特徴は、NFCチップやQRコード、RFIDタブを各製品に埋め込むことによって、これらの流通情報をブロックチェーン上で管理することです。

VeChainの特徴

上記のように、ブロックチェーンとIoTが組み合わさることによって、どのように活用できるのか。

  • 高級ブランド品
  • 農業
  • 物流
  • 政府
  • 医療品や食べ物

などを例に解説していきます。

高級ブランド品

VeChainはヨーロッパの有名な高級ブランドと提携して、正規品を証明するNFCチップを製品に埋め込み商品情報をブロックチェーン上で管理することで偽装防止に役立てています。

消費者はNFCチップをスマートフォンのアプリケーション、またはNFCリーダーを使用してスキャンすることで瞬時の正しい情報を得ることができます

農業

VeChainは有機栽培を行う農家に対してIoTデバイスと組み合わせてブロックチェーン対応のクラウドサービスを提供しています。

これによって環境を考慮した農作物の正しいデータを得ることができ、より高い質と量の作物を提供できると同時に環境への悪い影響を極力抑えることが可能になります。

物流

サプライチェーン上の運送業者や倉庫業者、小売業者や流通業者などの様々な業者間は各社毎に倉庫があり、それぞれは独自の管理体制を敷いています。

ブロックチェーンを使用することで各社のデータをより安全かつ便利に流すことが可能になり、物流の効率化と新たなビジネスモデルが誕生する可能性を広げます。

政府

政府機関はノードとしてVeChainのブロックチェーンに参加します。

ブロックチェーンの特徴である改ざん不可、誰もが閲覧可能な情報の透明性などによって情報交換や政府間の協力ができるようになり、インターネット上での政府のセキュリティやサービスの質が大きく上昇します。

医療品や食べ物

医療品や食べ物は生産から流通の過程を全てデジタル管理し、消費者に届くまでを追跡することができます。

これによって品々の安全性が高まり、消費者から大きな信頼を獲得することができます。

将来性や今後の使い道について

VeChainは、中国の会社ながら日本政府の金融庁が認めた仮想通貨交換業者に登録されている企業『Bitocean』など、多くの大手企業と提携しています。

そのほか、世界で24000店舗以上を展開しているコンビニと提携したと発表され、それがファミリーマートであるのではないかと噂されています。

そして何と言っても、中国政府が管理する企業とも提携を結んでおり、その特徴を遺憾なくマーケッティングに発揮しています。

今後もさまざまな企業との提携を予定しており、その発表の都度価格が上がっていくでしょう。

まとめ

  • 商品が本物か偽物かを簡単に確かめられる
  • 商品情報を正しく消費者が把握することができる
  • ブロックチェーンとIoTの技術を生かして様々な分野での活用を目指している
  • 多くの大手企業と提携している

以上、VeChainについての解説でした。

2018年のおすすめ仮想通貨

2018年おすすめの仮想通貨ランキング

現在、仮想通貨はなんと1000種類以上もあります。

それぞれの仮想通貨にはひとつひとつ目的や特徴があって、大企業が研究しているものから実際に実社会で使われているものまで様々です。

2018年に期待できる本当におすすめの仮想通貨ランキングはこちらからどうぞ!

 

購入できるおすすめ取引所

世界最大規模の取引所であるBINANCE(バイナンス)で購入するのがおすすめです!

バイナンスに送金

国内取引所でビットコインを購入し、BINANCE(バイナンス)にビットコインを送金しましょう!

その後、ビットコインで他の仮想通貨を購入します!

安全性やセキュリティ万全のビットフライヤー(bitFlyer)GMOコインをおすすめします。

GMOコインはビットコインの送金手数料が無料なのでお得です!

 

ビットフライヤー(bitFlyer)

おすすめポイント

国内取引量・ユーザー数・資本金No.1

セキュリティレベルが非常に高く安心して利用できる

最大500万円の損失補償がある

ビットフライヤー(bitFlyer)は安心安全の大手取引所です。三菱UFJキャピタル株式会社・三井住友海上キャピタル株式会社・電通デジタルホールディングスなどの大企業から出資を受けています。

初心者の方にも使いやすく最短3分で登録完了します!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

国内取引量・ユーザー数・資本金No.1

3年連続ビットコイン取引量No1、ユーザー数No1、資本金41億円と国内最大手です。ビットコインだけではなく、イーサリアムやライトコインなど計6種類の仮想通貨を購入できることも魅力の1つです!

最大500万円の損失補償がある

ビットコインやイーサリアムが日本円で不正出金された場合、最大500万円の損失補償を受けることができます。

ビットフライヤー(bitFlyer)は初心者の方でも安心して利用できる当サイトおすすめの取引所です!

 

GMOコイン

GMOコイン

おすすめポイント

GMOインターネットグループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かしたセキュリティや管理体制が堅牢

アプリやサイトが非常に使いやすく初心者の方でも迷わず使える

仮想通貨FXトレードができる

リップルを購入できる

ITや金融サービスで有名なGMOインターネットグループ傘下の仮想通貨取引所です。GMOインターネットグループのノウハウを活かし、堅牢なセキュリティと管理体制のもと安心して仮装通貨取引することができます。

ビットコインのFXトレードに力を入れていることでも有名です。

セキュリティや安全性の実績があり、アプリやサイトが見やすくて初心者の方でも迷わず使えます!最短3分で登録完了します!

GMOインターネットグループ傘下でセキュリティが堅牢

GMOインターネットグループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かし、堅牢なセキュリティと管理体制のもと安心して仮想通貨取引できることが最大のおすすめポイントです。

同グループ傘下のGMOクリック証券はFX年間取引高世界1位の実績があり、そのノウハウを活かした安全対策には定評があります。仮想通貨取引所はみなさまの大切な資産を預ける場所なので、必ずセキュリティや安全対策のノウハウを持っている取引所を選びましょう!

アプリやサイトが使いやすい

GMOコインはアプリやサイトが使いやすいことで有名です。計算されたデザインやレイアウトにより直感的に操作することができるため、初心者の方にもおすすめです!

レバレッジ5倍で仮想通貨FXができる

レバレッジ5倍で仮想通貨のFX取引をすることができます。空売りができるため仮想通貨の価格が下がっている時にも利益をだすことができます。

『ビットレ君』というスマートフォンアプリでFX取引ができるので外出中に操作できることもおすすめポイントです!

セキュリティ対策の実績があり非常に使いやすいことから初心者の方も安心して利用することができとてもおすすめの取引所です!

 

BINANCE(バイナンス)

binance

おすすめポイント

文句なしの世界最大仮想通貨取引所

取扱通貨が100種類以上と圧倒的!

アプリが使いやすい!

BINANCE(バイナンス)は世界最大の仮想通貨取引所です

日本で購入できないけど将来性がとても期待されている仮想通貨はたくさんあります。BINANCE(バイナンス)を使えばだいたいの通貨を購入することができるので是非登録しておきましょう!日本語対応が完璧なので英語ができない方でも安心して利用することができます(残念ながら日本語が非対応になってしまいました)。

BINANCE(バイナンス)は本人確認の必要がないため非常に簡単に登録できます。二段階認証の設定が必須なので、詳しく知りたい方は「Binance(バイナンス)の登録方法と使い方はこれを読めばわかる!【口座開設と買い方】」をご覧ください。

binancebanner

世界最大の仮想通貨取引所

取引量とユーザー数ともに世界1位です。世界的に優秀なエンジニアが開発チームにいるためシステム面でも非常に高性能です。

取扱通貨が100種類以上

100種類以上の仮想通貨を購入することができます。日本では購入できないエイダコイン (ADA)、イオス(EOS)などの将来有望の通貨や、日本で購入しにくいリップル(XRP)やリスク(LISK)も購入することができます。いわゆる『草コイン』と呼ばれる今後高騰するかもしれない無名な通貨もあります。

手数料も0.05~0.1%と激安なところも嬉しいですね!

アプリが使いやすい

アプリが非常に使いやすいところもBINANCE(バイナンス)の良さです。残念ながらアプリは日本語対応していませんが、外出中でも価格をチェックできることはとても嬉しいことですね!

BINANCE(バイナンス)は世界最大の仮想通貨取引所で100種類以上の通貨を購入することができます。口座開設も簡単にできるので是非登録しておくことをおすすめします!

 

最後に

一般的に仮想通貨の取引所は、目的に応じた使い分けや投資の基本であるリスク分散のために複数の取引所を目的に応じて使い分けることが推奨されています

海外の取引所では登録希望者が殺到し、新規登録を停止する取引所が増えてきています。日本でも仮想通貨ブームが起きているのでいつ新規登録が停止になるかわかりません。登録だけでもしておきましょう!

おすすめの取引所についてはこちらの記事でも紹介しています。取引所を決める際に気をつけるポイントなどをわかりやすく解説していますので、よかったらご覧ください!

 

-仮想通貨

Copyright© CryptoMaster , 2018 All Rights Reserved.