仮想通貨

イーサリアム(Ethereum)とは?チャートから今後の将来性を読み解く【2018】

更新日:

イーサリアム

空前の仮想通貨ブームが到来してますね!なんと今では1000種類以上の仮想通貨が誕生しています。

その仮想通貨の中でも、イーサリアム(Ethereum)は時価総額がビットコインに次ぐ2位となっています!

知名度が高いので名前だけは聞いたことあるのではないでしょか?

しかし名前を知っているだけじゃなくて、どのような仮想通貨なのか気になりますよね。

  • ビットコインとの違いは?
  • 将来性は?今後は高騰するの?
  • 最新情報ニュースを知りたい

この記事ではこれらの疑問にわかりやすく答えていきます!

初心者の方でもわかるように難しい言葉を使わずに解説しています。ぜひ参考にしてください!

 

イーサリアムとは?ビットコインとの違い

ビットコインとイーサリアムの違い

イーサリアム(Ethereum)とは、2013年に19歳の天才ヴィタリック・ブリテンによって考案された仮想通貨です。

ビットコインのブロックチェーン技術を残しつつ、更に使いやすくするために作られました!

具体的には次の2点がビットコインと異なります。

  • 取引がビットコインよりも速い
  • 取引の記録に契約を残すことができる

それぞれ具体的にどう変わっているのかを見ていきましょう!

ブロックチェーンについてはビットコインの記事で解説しています。

 

取引がビットコインよりも速い

イーサリアムはビットコインより2倍速い

ビットコインは10分に1回のペースで約4000の取引が承認されます。

つまり10分間で4000の取引しか承認できません。4000を超えた取引が来てしまった場合は、次の承認へと回されます。

ビットコインの取引は最短で10分ですが、取引が混雑した場合は20分、30分とかかってしまいます。

それに対してイーサリアム(ETH)は15秒で約200の取引が承認されます。

つまり、1分で約800の取引が承認され、10分で約8000の取引が承認されます。

ビットコインと比較して約2倍の速度で取引が承認されることになります!

承認の間隔も15秒と短く、取引の混雑に対応しやすくなっています。

ビットコイン 10分で4000個
イーサリアム 10分で8000個

さらにビットコインは一度に取引で承認できる取引数がほとんど固定であるのに対して、イーサリアム(ETH)では毎回の承認後に、取引で承認できる数を増やしたり減らしたりしています。

混雑してくると1度の取引で承認できる数を増やし、空いてくると1度の取引で承認できる数を減らしています。

参考:The Ethereum Block Explorer

 

取引の記録に契約を残すことができる

イーサリアムは取引きの記録を残せる

ビットコインでは、AさんからBさんにいくら渡したかという情報だけ記録として残っています。

それに対してイーサリアム(ETH)では、それらの情報に加えてそれが実行される条件を記録として一緒に残すことができます!

お店でお菓子を買うときを例えてみましょう。

私たちは10円でうまい棒を買うことができます。

これを言い換えると、お店は10円を受け取ることを条件としてうまい棒を私たちに渡しています。

「契約」とはこのように条件が満たされた時に発生することを約束することです。

DVDショップでも同じです。借りる時に「返す」という条件でDVDを借りています。これはレンタルの「契約」といえます。

イーサリアム(ETH)ではこの契約をスマートコントラクトと呼んでいます。

イーサリアム(ETH)の凄いところは、ビットコインで使われている革新的な技術である「ブロックチェーン」を使ってこの契約を結ぶことが出来る点です。

ブロックチェーンとは、「絶対に消すことのできない情報」の集まりです。絶対に消せない契約をすることができるだけでこのイーサリアム(ETH)の凄さがわかっていただけると思います!

 

ハードフォークによって誕生!イーサリアムゼロやイーサリアムクラシック

イーサリアム・ゼロ・クラシック

イーサリアムゼロイーサリアムクラシックという言葉を聞いたことはありませんか?

これらはイーサリアム(ETH)という名前が入っていますが、イーサリアム(ETH)とは異なる仮想通貨として取引されています。

  • イーサリアム(ETH)とどう違うの?
  • ハードフォークってどういう意味?

ここではこれらの疑問について答えていきます!

 

ハードフォークとは?イーサリアム(ETH)との違い

イーサリアムハードフォーク

イーサリアム(ETH)にはいくつかの弱点があります。それを解決するためにはイーサリアム(ETH)のプログラムを変更するしかありません。

しかし、全員がこの変更に賛成するわけではありません。中にはこの変更に反対する人もいます。どんなことでも満場一致の意見を得ることって難しいですよね!

このような時に、イーサリアム(ETH)に変更を加えたものを無理やり本家とは別に分裂させることができます。この分裂のことをハードフォークと呼びます。

変更反対派は今までのイーサリアム(ETH)をそのまま利用することで幸せになれます。

変更賛成派もイーサリアム(ETH)の弱点を修正したものを利用することができて幸せになれます。

しかし、世の中にイーサリアム(ETH)が2つ存在することはできません。そこでイーサリアム(ETH)の弱点を修正した方には新しい別の名前がつけられます。

これによって生まれたのが、イーサリアムゼロやイーサリアムクラシックになります!

イーサリアムゼロは、イーサリアム(ETH)と比べて3つの変更がありました。

  • 取引の承認時間が15秒→10秒
  • 送金手数料無料!
  • セキュリティの強化

取引の承認時間が従来の15秒から10秒になり、手数料も無料になりました!より取引に利用しやすく変更されています。

イーサリアムクラシックは、イーサリアム(ETH)と比べて違いは殆どありません!

過去に起きた盗難事件をなかったことにしたのがイーサリアム(ETH)で、そのままにしたのがイーサリアムクラシックです。詳しくはイーサリアムクラシックの記事で解説します!

 

イーサリアム(ETH)のハードフォークまとめ

  • イーサリアムゼロやイーサリアムクラシックはもともとはイーサリアムと同じ
  • イーサリアムを改良したことで分裂した
  • 現在はイーサリアムとは全く別の通貨

 

イーサリアムの円の価格推移をチャートから読み解く!

 

イーサリアム(ETH)は2014年にプレセールが行われ、1BTCで2000ETHを交換することができました。

今で例えると、1BTCが約100万円なので1ETHは約500円です。(2018年2月現在)

現在は1ETHが10万円なので、実に200倍となりました!

チャートを見ると、2017年に入って段々と人気が出てきて、年末にかけて一気に価格が高騰しています。2018年になって少し価格が落ち着きましたが、現在は再び高騰してきています。

イーサリアム(ETH)はまだまだ好材料が残されているので2018年も期待できます!

好材料については下のニュースや将来性の予想をご覧ください!

 

イーサリアムの最新情報ニュース

イーサリアムのアップデート

イーサリアム(ETH)ではもともと4回のアップデートが予定されています。

現在は3回目のアップデートが終わっているため、あと1回のアップデートが残されています。

最後のアップデートでは取引の承認システムが変わります。これによって今までの承認システムの問題を一気に解決することが出来るため期待されています!

3年かけて開発が進められていましたが、最近ようやくテスト環境で試験が始まりました!

ここからテスト環境でどんどんアップデートを重ねていき、最終的には本番環境へ実装されます。

まだ最後のアップデートの具体的な日程は決まっていませんが、途中でアップデートを中止することはないので期待が高まります!

参考:Proof of Stake FAQ

 

2018年は高騰する?イーサリアムの今後の将来性を予想!

イーサリアム(ETH)はアップデートの他にも好材料がいくつも残されています。

  • イーサリアムを利用した仮想通貨がいくつもある
  • イーサリアムの作者ヴィタリック・ブリテンが活発的にイーサリアムを盛り上げている

仮想通貨の時価総額ランキングでも上位でいるオーガー(REP)、リスク(LSK)、イコノミ(ICN)はイーサリアムをベースに開発されています。

いくつものイーサリアムベースの仮想通貨が時価総額ランキングにいるのは、イーサリアム(ETH)のプログラムが非常に優秀ということです!

またイーサリアム(ETH)の生みの親であるヴィタリック・ブリテンは、イーサリアムを盛り上げるための様々な社会貢献を行っています。イーサリアムを利用したアプリケーションの開発を促進する機関の設立長寿の研究をしている機関へ2.4億円の寄付などが最近話題になっています!

2018年1月には所属していた中国のベンチャーキャピタル企業を退職し、イーサリアムの開発に専念することを発表しています。

作者もイーサリアム(ETH)の開発に専念することでどんどん実装が進められていくでしょう!

2018年、イーサリアム(ETH)は本当に期待できる仮想通貨となることは間違いありません。

 

イーサリアムはマイニングできるの?

マイニング

イーサリアム(ETH)について調べていて「マイニング」って言葉を見たことはありませんか?

マイニングとは英語で採掘という意味です。

イーサリアムのマイニングと聞いてもあまりイメージがしにくいと思いますが、イーサリアムでのマイニングとは送金の手続きを承認することです。

承認することの報酬としてイーサリアム(ETH)が貰えます。現在の報酬は約3ETHなので、およそ30万円となります!非常に高額ですよね。

イーサリアム(ETH)は15秒毎に送金の手続きを承認できます。承認できるのは世界中で選ばれた1人です。

世界中の管理者(約21000台のパソコン)とパソコンの性能で勝負し、勝つことで承認する権利を得られます。

「たった21000台」と思うかもしれませんが、中にはパソコンを数千台つなげて1台として勝負している管理者も存在します。個人のパソコンではほとんど勝ち目はありません。

この送金手続きの戦いがイーサリアム(ETH)を不正から守っています。

参考:Ethereum Block Information, ethernodes.org

 

イーサリアムのウォレットとは?

ウォレットとはイーサリアム(ETH)を保管する場所です。

取引所の他に、自分のスマホや専用の機器に保管することができます。

しかし、初心者の方にはあまりおすすめできません。

例えば、自分のスマホに保管していた場合はスマホをなくすとイーサリアム(ETH)が取り出せなくなってしまいます。また、自分のパソコンがウイルスなどに感染してイーサリアム(ETH)を失ってしまう可能性もあります!

それよりは補償もある取引所に預けておくほうが安全です。さらに複数の取引所に預けることで、万が一の場合のリスクを分散させることができます!

おすすめは最大500万円の補償があるビットフライヤーです!

 

 

まとめ

まとめると、

  • ビットコインと比べて取引が速い
  • 契約を記録できる
  • ハードフォークによってビットコインゼロなどが誕生した
  • まだアップデートが残されている
  • 社会貢献も積極的に行っている

イーサリアム(ETH)は本当に期待できる仮想通貨の1つです。今後の将来性に投資をしてみてはいかがでしょうか?

 

2018年のおすすめ仮想通貨

2018年おすすめの仮想通貨ランキング

現在、仮想通貨はなんと1000種類以上もあります。

それぞれの仮想通貨にはひとつひとつ目的や特徴があって、大企業が研究しているものから実際に実社会で使われているものまで様々です。

2018年に期待できる本当におすすめの仮想通貨ランキングはこちらからどうぞ!

 

ビットフライヤーがおすすめ!イーサリアムを購入できるおすすめ取引所

ビットフライヤー(bitFlyer)

おすすめポイント

国内取引量・ユーザー数・資本金No.1

セキュリティレベルが非常に高く安心して利用できる

最大500万円の損失補償がある

ビットフライヤー(bitFlyer)は安心安全の大手取引所です。三菱UFJキャピタル株式会社・三井住友海上キャピタル株式会社・電通デジタルホールディングスなどの大企業から出資を受けています。

初心者の方にも使いやすく最短3分で登録完了します!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

国内取引量・ユーザー数・資本金No.1

3年連続ビットコイン取引量No1、ユーザー数No1、資本金41億円と国内最大手です。ビットコインだけではなく、イーサリアムやライトコインなど計6種類の仮想通貨を購入できることも魅力の1つです!

最大500万円の損失補償がある

ビットコインやイーサリアムが日本円で不正出金された場合、最大500万円の損失補償を受けることができます。

ビットフライヤー(bitFlyer)は初心者の方でも安心して利用できる当サイトおすすめの取引所です!

GMOコイン

GMOコイン

おすすめポイント

GMOインターネットグループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かしたセキュリティや管理体制が堅牢

アプリやサイトが非常に使いやすく初心者の方でも迷わず使える

仮想通貨FXトレードができる

リップルを購入できる

ITや金融サービスで有名なGMOインターネットグループ傘下の仮想通貨取引所です。GMOインターネットグループのノウハウを活かし、堅牢なセキュリティと管理体制のもと安心して仮装通貨取引することができます。

ビットコインのFXトレードに力を入れていることでも有名です。

セキュリティや安全性の実績があり、アプリやサイトが見やすくて初心者の方でも迷わず使えます!最短3分で登録完了します!

GMOインターネットグループ傘下でセキュリティが堅牢

GMOインターネットグループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かし、堅牢なセキュリティと管理体制のもと安心して仮想通貨取引できることが最大のおすすめポイントです。

同グループ傘下のGMOクリック証券はFX年間取引高世界1位の実績があり、そのノウハウを活かした安全対策には定評があります。仮想通貨取引所はみなさまの大切な資産を預ける場所なので、必ずセキュリティや安全対策のノウハウを持っている取引所を選びましょう!

アプリやサイトが使いやすい

GMOコインはアプリやサイトが使いやすいことで有名です。計算されたデザインやレイアウトにより直感的に操作することができるため、初心者の方にもおすすめです!

レバレッジ5倍で仮想通貨FXができる

レバレッジ5倍で仮想通貨のFX取引をすることができます。空売りができるため仮想通貨の価格が下がっている時にも利益をだすことができます。

『ビットレ君』というスマートフォンアプリでFX取引ができるので外出中に操作できることもおすすめポイントです!

セキュリティ対策の実績があり非常に使いやすいことから初心者の方も安心して利用することができとてもおすすめの取引所です!

最後に

一般的に仮想通貨の取引所は、目的に応じた使い分けや投資の基本であるリスク分散のために複数の取引所を目的に応じて使い分けることが推奨されています

海外の取引所では登録希望者が殺到し、新規登録を停止する取引所が増えてきています。日本でも仮想通貨ブームが起きているのでいつ新規登録が停止になるかわかりません。登録だけでもしておきましょう!

おすすめの取引所についてはこちらの記事でも紹介しています。取引所を決める際に気をつけるポイントなどをわかりやすく解説していますので、よかったらご覧ください!

-仮想通貨

Copyright© CryptoMaster , 2018 All Rights Reserved.