仮想通貨取引所

コインチェックで入金の反映に掛かる時間はどのくらい?手数料やおすすめ方法を解説

更新日:

コインチェック入金フローチャート

大手仮想通貨取引所コインチェック(Coincheck )の口座開設したが、どの入金方法が良いのか知りたい方、入金したのになかなか反映されずに困っている方におすすめの記事です。この記事を読むことで目的に応じて入金方法を使い分けることができるようになります。

コインチェック(Coincheck)での入金方法(手数料や反映までの時間で比較)

入金方法は大きく分けると下の4つになります(厳密にはクレジットカードは入金ではありませんが)。

入金方法 手数料 反映までの時間 土日・祝日対応
1.銀行振込 無料 数時間〜数日 なし
2.クイック入金 756円〜 即時 あり
3.コンビニ入金 756円〜1,000円 即時 あり
4.クレジットカード 販売所から直接仮想通貨を購入(販売所ってなに?

使い分け方を簡単にまとめると下のようになります。

flowchart

*クレジットカードは販売所で直接仮想通貨を購入する時のみに使用できます。

仮想通貨取引所と販売所の違い - おすすめはどっち?

それぞれの入金方法を詳しく見ていきましょう。

銀行振込の入金反映時間や手数料

  • メリット
    • 手数料が無料(振込手数料はかかる)
  • デメリット
    • 入金が反映されるまで数時間〜数日かかる
    • 土日祝日は利用できない

銀行振込のメリットは手数料が無料(振込手数料は自己負担)であることです。その他の方法では大きい金額を入金する際、金額に応じて手数料が増えます。従って、大きい金額の入金をしたい場合は銀行振込が最適な方法になります。

しかし、コインチェック(Coincheck)の混雑具合にもよりますが入金が反映されるまで数時間から数日かかり、そもそも土日と祝日は銀行が営業していないため入金できないといったデメリットがあります。土日祝日に入金した場合、反映されるのは次の平日以降となります。

以上から、大きい金額の入金をしたい場合や、反映されるまで数時間から数日待てる場合は銀行振込をおすすめします。

クイック入金の反映時間や手数料

  • メリット
    • 入金が即時反映される
    • 土日祝日にも利用できる
  • デメリット
    • 手数料がかかる
    • 7日間入金額に相当する資産の移動が制限される

クイック入金とは、ペイジー(Pay-easy)やインターネットバンキングを利用した入金のことです。

メリットは入金が即時反映されることと、土日祝日にも利用できることです。

デメリットとしては、手数料がかかることと、入金額に相当する資産を7日間コインチェック(Coincheck)の口座から移動することができなくなることです。

具体的な手数料はした表の通りです。

入金額 手数料
3万円未満 756円
3万円〜50万円未満 1,000円
50万円以上 入金額(円) x 0.108% + 486円

入金額に応じて手数料が増えます。入金額が100万円の場合1,566円、1,000万円の場合11,286円になります。

『入金額に相当する資産を7日間コインチェック(Coincheck)の口座から移動することができなくなる』というのは、具体的に

  • 入金した金額に相当する仮想通貨を別の取引所に送金すること
  • 入金した金額の日本円を出金すること

ができなくなります。取引所や販売所を利用した取引や売買に制限はかかりません

コンビニ入金の反映時間や手数料

  • メリット
    • 入金が即時反映される
    • 土日祝日にも利用できる
  • デメリット
    • 手数料がかかる
    • 1度に入金できる金額に上限がある(299,500円まで)
    • 7日間入金額の半額相当の資産の移動が制限される

コンビニ入金のメリットとデメリットは、クイック入金とほぼ同じです。

違いは、1度に入金できる金額に上限があることと、7日間移動が制限される資金が半額であるということです。

手数料はしたの表のとおりです。

入金額 手数料
3万円未満 756円
3万円〜29万9,500円 1,000円

上限額以上の額をコンビニ入金で振込む場合は、

コンビニ入金

と2回に分割すれば可能ですが、手数料がクイック入金や銀行振込より割高になります。

コインチェック(Coincheck)のコンビニ入金ではセブンイレブンは利用できない

  • ファミリーマート
  • ローソン
  • ミニストップ
  • セイコーマート

セブンイレブンは対応してません。

クレジットカードで仮想通貨を直接購入(おすすめしません)

仮想通貨と日本円の取引を行う際、取引所あるいは販売所を利用することになります。取引所と販売所の違いを簡単に説明すると、取引所は別のユーザーとオークション形式で売買を行うのに対し、販売所はコインチェック(Coincheck)と直接仮想通貨・ビットコインを売買します。従って、販売所で仮想通貨・ビットコインを購入すると、取引所で購入するよりも割高になります。従って基本的にはクレジットカードの利用はおすすめできません。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

仮想通貨取引所と販売所の違い - おすすめはどっち?

上の記事で説明していますが、仮想通貨・ビットコインが急激に高騰している場合は、割高でも販売所から購入したほうが良い場合があります。

その場合にはクレジットカードで仮想通貨・ビットコインを購入することもおすすめできます。

入金したのに反映されない場合

銀行振込で入金した場合は数日間待つ必要があります。

それでも反映されないようであれば、振込の際にアカウントIDを入力したか確認し、コインチェック(Coincheck)に直接問い合わせる必要があります。

『日本円入金のお問い合わせ』のフォームが用意されているので、そこから内容を送信しましょう。

まとめ

flowchart

このフローチャートに加えて、

  • クイック入金とコンビニ入金は、7日間の資金の移動制限がある
  • 仮想通貨・ビットコインの急激な高騰時はクレジットカードの利用も視野に入る

の2点をおさえておきましょう。

国内のおすすめ仮想通貨取引所はこちら

ビットフライヤー(bitFlyer)

おすすめポイント

国内取引量・ユーザー数・資本金No.1

セキュリティレベルが非常に高く安心して利用できる

最大500万円の損失補償がある

ビットフライヤー(bitFlyer)は安心安全の大手取引所です。三菱UFJキャピタル株式会社・三井住友海上キャピタル株式会社・電通デジタルホールディングスなどの大企業から出資を受けています。

初心者の方にも使いやすく最短3分で登録完了します!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

国内取引量・ユーザー数・資本金No.1

3年連続ビットコイン取引量No1、ユーザー数No1、資本金41億円と国内最大手です。ビットコインだけではなく、イーサリアムやライトコインなど計6種類の仮想通貨を購入できることも魅力の1つです!

最大500万円の損失補償がある

ビットコインやイーサリアムが日本円で不正出金された場合、最大500万円の損失補償を受けることができます。

ビットフライヤー(bitFlyer)は初心者の方でも安心して利用できる当サイトおすすめの取引所です!

ザイフ(Zaif)

おすすめポイント

マイナス手数料で取引手数料が国内最安

仮想通貨の技術発展など社会貢献もしている

トークンや積立などのサービスが秀逸

ザイフ(Zaif)はマイナス手数料でビットコインの売買をするとお金がもらえてしまう取引所です。あの堀江貴文(ホリエモン)が技術アドバイザーを務めたことでも有名です。

運営会社であるテック・ビューロ株式会社は仮想通貨の技術発展プロジェクトやAIの研究なども行なっており、社会貢献に熱心なことでも知られています。

ZaifトークンやZaifコイン積立などの独自のサービスが使えたり、ネム(XEM)やモナーコイン(MONA)などの日本で人気の仮想通貨を購入できることも魅力の1つです。

口座開設の手順が簡単で最短3分で登録完了します!

マイナス手数料で取引手数料が国内最安

マイナス手数料』によって逆に手数料がもらえてしまうとてもユニークな取引所です。1日に何回も取引する短期トレードに向いています。

頻回に取引をすると手数料が年間10万円以上になることもあります。ザイフ(Zaif)を使えば手数料を劇的に節約することができます!

仮想通貨の技術発展など社会貢献もしている

仮想通貨の技術研究プロジェクトやAIの研究を盛んに行なっています。代表の朝山貴生は『Director of NEM Japan』に就任し日本国内での仮想通貨ネム(NEM/XEM)の責任者でもあります。

このような社会的貢献性が高いところもザイフ(Zaif)の特徴です。

トークンや積立などのサービスが秀逸

ザイフ(Zaif)でしか買えないトークンがあり、積立といった秀逸なサービスがあります

トークンはなんと全部で9種類あります。また、手数料の安さを利用して短期トレードをする傍で、積立により堅実な投資をすることでリスクを分散させることができます。これらのサービスについて詳しく知りたい方は「Zaif(ザイフ)手数料や評判は?トークン・Zaif積立を分かりやすく解説」をご覧ください。

ザイフ(Zaif)は独特な強みが多く、ビットフライヤー(bitFlyer)と両方口座開設して目的に応じて使い分けるのがおすすめです。取引所を複数つかうことで投資の基本であるリスク分散もできるのでおすすめです!

最後に

一般的に仮想通貨の取引所は、目的に応じた使い分けや投資の基本であるリスク分散のために複数の取引所を目的に応じて使い分けることが推奨されています

海外の取引所では登録希望者が殺到し、新規登録を停止する取引所が増えてきています。日本でも仮想通貨ブームが起きているのでいつ新規登録が停止になるかわかりません。登録だけでもしておきましょう!

おすすめの取引所についてはこちらの記事でも紹介しています。取引所を決める際に気をつけるポイントなどをわかりやすく解説していますので、よかったらご覧ください!

-仮想通貨取引所

Copyright© CryptoMaster , 2018 All Rights Reserved.