仮想通貨取引所

コインチェック・ビットフライヤー・ザイフ・GMOコイン結局どの取引所がおすすめか比較してみた【仮想通貨】

更新日:

coincheck、bitflyer、zaifの比較

コインチェック(Coincheck)は2018年01月26日に約600億円分の仮想通貨「NEM(ネム)」が流出したことにより現在取引を停止しています。

ビットフライヤー(bitFlyer)ザイフ(Zaif)で口座開設をしましょう!

仮想通貨の取引所を登録する際に、どの取引所にしようか迷いませんか?

とりあえず有名なところに登録しようと思っても、コインチェック(Coincheck)、ビットフライヤー(bitFlyer)、ザイフ(Zaif)、GMOコインと4つもあってよくわからないですよね。

この記事ではこれらの取引所がどのように違うのかを、グラフを用いて説明していきます!図だけではなくグラフも使っているので、取引所の口座開設が初めての人でもひと目見ただけでわかるようになっています。

さらに、取引所を比較する際に注目すべきポイントごとにまとめています。そのため初心者の方でも、迷うことなく取引所を選ぶことができるようになっています。

取引所を適当におすすめしている方もいらっしゃいますが、私はしっかり比較した上で自分にあった取引所を選んでほしいので、重要なポイントを省略していません。少し長いと思われるかもしれませんが、取引所選びは自分の資産を管理する上でとても大切になってきますので是非最後までお読み下さい。

これを読み終わる頃には、自分にとって最適な取引所がわかるようになります。自分にぴったりな取引所を見つけて充実した投資生活をお楽しみください。

これだけでわかる!取引所チートシート

時間がない方のために、取引所の特徴を一言でまとめました!

仮想通貨取引所レイダーグラフ比較

・いろいろな仮想通貨を取り扱っている取引所

 → コインチェック(Coincheck)

・セキュリティのしっかりした安全性の高い取引所

 → ビットフライヤー(bitFlyer)

・取引を頻繁にする人に優しい手数料の安い取引所

 → ザイフ(Zaif)

・一攫千金が狙えるレバレッジ倍率の高い取引所

 → GMOコイン

今回比較するビットコイン・仮想通貨取引所

今回比較する取引所はコインチェック(Coincheck)、ビットフライヤー(bitFlyer)、ザイフ(Zaif)、GMOコインの4つ!

コインチェック(Coincheck)の口座開設方法はこちら

 

ビットフライヤー(bitFlyer)の口座開設方法はこちら

ザイフ(Zaif)の口座開設方法はこちら

国内にビットコイン・仮想通貨の取引所は約20社存在しますが、主要であるこの4社を抑えておけば間違いありません

今回はこの4社に絞り、絶対に失敗しない取引所の選び方を解説します。

 

そもそも取引所とは?

取引所とは?

取引所とは、ビットコイン・仮想通貨を売買する場所になります。ビットコイン・仮想通貨を買ったり、逆に売ったりする時は必ずこの取引所を使わなければなりません。

仮想通貨においての取引は、

  • 売りたい人の値段と買いたい人の値段が同じになった時に初めて取引が成立する
  • ビットコイン・仮想通貨の売買は取引所を通じてインターネット上で行われる

といった特徴があります。

つまり、取引所を利用して、ビットコイン・仮想通貨の売買をユーザー同士で行っているということです。

このことから相手がいないと取引は成立しません。

今回紹介する取引所はどれも日本でトップレベルの仮想通貨取引量を誇っています。取引量が多ければ多いほど、その取引所は活発だといえます。

目的に応じた使い分けや、投資の基本であるリスク分散のために複数の取引所を利用することが一般的です。

私はこれらの取引所を全て利用していて、目的に応じて使い分けています

取引所と販売所は違うの?

取引所は先程述べたようにユーザー同士で売買を行うための場です。

取引所から直接ビットコイン・仮想通貨を購入したい場合は「販売所」を利用します。販売所では、ユーザが提示する価格ではなく、取引所が決めた金額で購入することができます。

取引所と販売所について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

仮想通貨取引所と販売所の違い - おすすめはどっち?

取引所の選び方!失敗しないためのポイント5つ

ビットコインや仮想通貨の取引所を選ぶ際に重要なポイントは大きく分けて5つあります。

  1. 手数料
  2. 安全性・信頼性
  3. 取引量の多さ
  4. アプリの使いやすさ
  5. 取扱銘柄の豊富さ

それぞれのポイントについて簡単に解説していきましょう。

手数料

取引所ごとの手数料の差はほんの僅かですが、頻繁に取引を行うと年間で数万円から数十万円になる可能性があります。

短期的なトレードを考えている方は、手数料の安さが重要となってきます。

取引所手数料比較

取引所 買い手数料 売り手数料
コインチェック(Coincheck) 0.01~0.15% 0.01~0.15%
ビットフライヤー(bitFlyer) 0% 0%
ザイフ(Zaif) -0.05% -0.05%
GMOコイン 0% 0%

手数料は上記の通りです。ザイフ(Zaif)はマイナス手数料といって取引を行うと手数料が貰えるシステムになっています。

隠れた手数料「スプレッド」

仮想通貨にはスプレッドという概念があります。同じタイミングでビットコインや仮想通貨を取引する場合、買値と売値に取引所がスプレッドという上乗せ金を設けることで取引手数料とは別にマージンをとっています。

スプレッド

この画像の場合、買値と売値に300円のスプレッドがあります。スプレッドは時期や通貨によって変動するため単純に比較はできませんが

Zaif < Coincheck < bitFlyer ≒ GMOコイン

と考えて良いです。

まとめると、手数料ではザイフ(Zaif)に軍配が上がります

スプレットについて更に詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。初めての方でもわかるようにわかりやすくまとめています。

【手数料とスプレッド】どの仮想通貨・ビットコイン取引所が安いか徹底比較!

安全性・信頼性

2014年のマウントゴックス事件や、仮想通貨のハッキングのニュースを聞いて「ビットコインは危険」と思われる方も多いと思います。

ビットコインのシステム自体にセキュリティーの問題点は一切無く、そういったことは不正ログインやパスワードの流出によって生じているケースがほとんどです。

取引所が行っているセキュリティー対策としては以下の4つがあります。

  • コールドウォレット管理
  • マルチ・シグネチャ
  • 二段階認証
  • 補償サービス

各社を比較すると次のようになります。

取引所 コールドウォレット マルチ・シグネチャ 二段階認証 補償サービス
コインチェック(Coincheck) - 最大100万円
ビットフライヤー(bitFlyer) 最大500万円
ザイフ(Zaif) -
GMOコイン -

またその取引所の資本金をみることでその会社の信頼度を測ることができます。

資本金

取引所 資本金
コインチェック(Coincheck) 9,200万円
ビットフライヤー(bitFlyer) 41億238万円
ザイフ(Zaif) 8億3,013万円
GMOコイン 7億5,000万円

安全性・信頼性においては、資本金が多く最大500万円まで補償が受けられるビットフライヤー(bitFlyer)に軍配が上がります。

コールドウォレット(コールドストレージ)とは?

ビットコインをインターネットから切断した状態で管理することを指します。インターネットからアクセスできないため、ハッキングや不正アクセスが不可能となり、強固なセキュリティー対策となります。

マルチ・シグネチャ(マルチシグ)とは?

一つのビットコインアドレスに複数の鍵(暗号)を割り当てる技術のこと。ビットコインはプライベートキーと呼ばれる暗号を使うことで取引を行います。あらかじめプライベートキーを複数個用意することで、例えば一つのプライベートキーが漏洩しても、別のキーがなければビットコインの売買ができません。

攻撃者が同時に複数個のプライベートキーを入手することは非常に困難であるためマルチ・シグネチャがあるとより安心です。

取引量の多さ

仮想通貨取引所取引量

先程述べたように、取引所は売りたい値段と買いたい値段が一致しないと売買が成立しません。

取引量が多い取引所では、利用しているユーザーが多く活発に取引が行われているということになるため、売買が成立しやすくなります

日本国内での取引量は1位ビットフライヤー(bitFlyer)、2位コインチェック(Coincheck)です。特にビットフライヤーは世界においても1位,2位の取引量を誇っています。

取引量やユーザーが多い取引所を利用したい場合はコインチェック(Coincheck)がおすすめです。

アプリの使いやすさ

スマートフォンのアプリでも取引を考えている方にとって、アプリの使い勝手はとても重要な要素です。

*スマートフォンアプリ評価比較グラフ

アプリ評価比較

主にスマートフォンで取引を行いたいと考えている方には、コインチェック(Coincheck)ビットフライヤー(bitFlyer)がおすすめです。

取扱銘柄の豊富さ

仮想通貨には、ビットコインを含め1,000種類以上の銘柄が存在しています。その中でも日本で取り扱えるのは次の銘柄になります。

仮想通貨種類

BTC = ビットコイン
BCH = ビットコインキャッシュ
ETH = イーサリアム
ETC = イーサリアムクラシック
FCT = ファクトム
XRP = リップル
XEM = ネム
MONA = モナーコイン
LTC = ライトコイン
DOGE = ドージコイン

取引所 取扱銘柄 入金方法
コインチェック(Coincheck) BTC/BCH/ETH/ETC/FCT/XRP...他7種類 銀行/コンビニ/ペイジー/クレカ
ビットフライヤー(bitFlyer) BTC/BCH/ETH/MONA/...他2種類 銀行/コンビニ/ペイジー/クレカ
ザイフ(Zaif) BTC/ETH/BCH/XEM/MONA/...他多数トークン 銀行/コンビニ/クレカ
GMOコイン BTC/BCH/ETH/LTC  銀行振込/ペイジー

 

  • より多くの銘柄を取り扱いたい場合はコインチェック(Coincheck
  • 仮想通貨以外にもZaifの発行しているトークンを購入したい方はザイフ(Zaif)

がおすすめです。

その他

レバレッジ

信用取引であるレバレッジの比較は次のようになります。レバレッジが高いほど、ハイリスク・ハイリターンな取引を行うことができます。

 

取引所 レバレッジ(最大)
コインチェック(Coincheck) 5倍
ビットフライヤー(bitFlyer) 15倍
ザイフ(Zaif) 7.77倍
GMOコイン 25倍

取引所比較まとめ

以上のポイントから各取引所をまとめて比較します。

コインチェック(Coincheck)

コインチェックレーダーグラフ

  • 不正アクセスがあった場合最大100万円の補償が受けられる
  • スマートフォンアプリが使いやすい
  • 取扱銘柄が豊富
  • バランスが良い

コインチェック(Coincheck)は全体のバランス良く、非常に使いやすいです。そのため、初心者の方にもおすすめの取引所です。

ビットフライヤー(bitFlyer)

ビットフライヤーレイダーグラフ

  • 国内最大規模の取引所であるため、安全性・信頼性が高い
  • 最大500万円の保証が受けられる
  • 仮想通貨取引量が国内1位
  • スマートフォンアプリが使いやすい

ビットフライヤー(bitFlyer)は国内最大規模の取引所で、安全性・信頼性に定評があります。

また仮想通貨取引量が国内1位で、最大500万円の補償もあるため、安心を重視する方におすすめです。

ザイフ(Zaif)

ザイフレイダーグラフ

  • 手数料が安い
  • スプレッドの変動幅が他の取引所より小さい
  • Zaifトークンなどのトークンを購入できる

ザイフ(Zaif)の売りはやはり手数料の安さです。また、トークンなどの革新的なサービスにも尽力している会社です。

手数料の安さを重視する方、短期でのトレードを考えている方におすすめです。

GMOコイン

GMOコインレイダーグラフ

  • 東証一部上場企業のGMOインターネット株式会社のグループ会社であるため安心
  • レバレッジが最大25倍なので、少ない資金でも高額取引ができる
  • 販売所なので、数量を指定するだけで手軽に購入できる

GMOコインの特徴は取引所ではなくて販売所であるということです。価格はあらかじめ指定されているため、数量を指定するだけで手軽に購入できます。

レバレッジが最大25倍で取引できることも大きな魅力です。

結局どこにすれば良いの?まとめ

仮想通貨取引所レイダーグラフ比較

・いろいろな仮想通貨を取り扱っている取引所

 → コインチェック(Coincheck)

・セキュリティのしっかりした安全性の高い取引所

 → ビットフライヤー(bitFlyer)

・取引を頻繁にする人に優しい手数料の安い取引所

 → ザイフ(Zaif)

・一攫千金が狙えるレバレッジ倍率の高い取引所

 → GMOコイン

 

一般的に仮想通貨の取引所は、目的に応じた使い分けや投資の基本であるリスク分散のために複数の取引所を目的に応じて使い分けることが推奨されています

海外の取引所では登録希望者が殺到し、新規登録を停止する取引所が増えてきています。日本でも仮想通貨ブームが起きているのでいつ新規登録が停止になるかわかりません。登録だけでもしておきましょう!

おすすめの取引所についてはこちらの記事でも紹介しています。取引所を決める際に気をつけるポイントなどをわかりやすく解説していますので、よかったらご覧ください!

-仮想通貨取引所

Copyright© CryptoMaster , 2018 All Rights Reserved.